アニメ『アトム ザ・ビギニング』放送日やあらすじ紹介!無料立ち読み漫画あり!

さて、今回から週間アニメについても書いていこうと思います。

僕はここ数年、リアルタイムで週間アニメを前ほど見なくなりました。

ゲオとかでDVDを借りて見たりする程度ですね。

リアルタイムで見なくなったのには、特にこれと言った理由はないのですが、いつの間にか見なくなてしまったんですよね。

僕は所謂アニオタというわわけではないのですが、そこそこアニメは見ている方でした。

『ガンスリンガーガール』、『エルフェンリート』、『いちご100%』、『屍鬼』、『スクールデイズ』、『マクロスフロンティア』、『ウィッチブレイド』、『地獄少女』、『ぼくらの』、『パトレイバー2』、『フリージング』、『君のいる町』、『東のエデン』などなど、あと他にもいくつかあったと思いますが、まあそこそこアニメは見ていたのです。

なんというか、気分転換になってたんですよね。

コミケ行ったり、コスプレしたりするほどのオタクではないのですし、全然詳しい方ではないのですが、アニメは好きな方ですね。

アニメには独自の世界観があって、現実を忘れられるという感じがして僕は好きですね。

さて、そんな感じの僕でしたが、またリアルタイムでアニメを見てみようかなとふと思い立ち、4月からどんなアニメが始まるのだろうかとちょっと調べてみました。

そしたらけっこう面白そなアニメがいくつかありました。

今回はそのアニメの中の『アトム ザ・ビギニング』について書いていきますね。

スポンサーリンク

『アトム ザ・ビギニング』とはどんなアニメ?

さて、『アトム ザ・ビギニング』ですが、手塚治虫さんの『鉄腕アトム』を原案としているとのこと。

この点で僕はかなりこのアニメに興味を持ちました。

手塚治虫さんの『鉄腕アトム』はメチャクチャ有名ですよね。


鉄腕アトム DVD-BOX1

ロボットのアトムが主人公で、アトムは人間と同じように心を持ち、人間と同じように生活していく話ですね。

僕は『アトム』の漫画を読んだのはそうとう昔なので、細かいストーリーなどはよく覚えていませんが、とても感動的なエピソードがたくさんあるストーリーだったと記憶してます。

確か、ロボットたちが好き放題命令をする人間たちに反乱する話もあって、ロボットと人間は共存について、考えさせられる話もでした。

人工知能が発達しているこの現代、『鉄腕アトム』的な世界観が現実になりつつある感じですよね。

『アトム ザ・ビギニング』は、『鉄腕アトム』の主人公のアトムが誕生するまでを描いたストーリーとのこと。

【これは、まだ誰も知らない”鉄腕アトム”誕生までの物語】、というキャッチフレーズに僕はかなり惹かれました。

かなり面白そうな予感がしています!

『アトム ザ・ビギニング』の放送日、放送局、あらすじは?

『アトム ザ・ビギニング』の放送日と放送局は以下の通りです。
⇓    ⇓    ⇓
・放送日:4月15日から毎週土曜日、23時から

・放送局:NHK総合テレビ

さて、『アトム ザ・ビギニング』はどういったあらすじなのか?

公式ページからストーリーを引用します。
⇓    ⇓    ⇓

大災害後の日本に、未来を夢見るふたりの天才がいた。ひとりは天馬午太郎。もうひとりはお茶の水博志。天馬はその手で「神」を作り出すことを、お茶の水はその手で「友」を作り出すことを夢見て、日夜ロボット研究に明け暮れていた。そしてふたりの友情が生み出した1体のロボット、A106(エーテンシックス)。A106は果たして「神」となるのか「友」となるのか。若き天才コンビは、来るべき未来を垣間見る━━。

出典元:「アトム ザ・ビギニング」公式ページより

こんな感じのストーリーです。

天馬午太郎とお茶の水博志の2人の天才、そして2人が作り出したA106(通称シックス)を巡る物語ですね。

PVも紹介します。
⇓    ⇓    ⇓

雰囲気的にまさに今の時代っぽい感じです。

「2人の若き天才 それぞれが目指すロボット」、というテロップがいい味を出しています。

2人の若き天才とは天馬午太郎とお茶の水博志のことですね。

2人は国立練馬大学の研究室で一緒に研究しています。

変人扱いされる天馬午太郎とお茶の水博志!原作での2人は?

さて、そんな天馬午太郎とお茶の水博志ですが、大学内では変人扱いされています。

また、大学の首席研究生 堤茂理也からはクズ呼ばわりされています。

天才は、変人扱いされる・・・・。

悲しい話ですが、いつの世もそうです。

エジソンやアインシュタインも通ってきた道です。

変人と天才は紙一重と言えましょう。

さて、そんな天馬午太郎とお茶の水博志。

『アトム ザ・ビギニング』では仲の良い2人ですが、原作『鉄腕アトム』ではそうではありません。

『鉄腕アトム』での天馬とお茶の水についても以下に簡単に書きます。

原作『鉄腕アトム』では、天馬午太郎はアトムの生みの親。

そしてお茶の水博志はアトムの育ての親です。

天馬は交通事故死した息子の代わりとしてロボットを作り、それがアトムとなります。

しかし、天馬はアトムが人間と同じようには成長できない(例えば、身長が伸びないなど・・)ことに失望。アトムをサーカスに売ってしまいます。

サーカスで働かされてるアトムを偶然見つけたお茶の水は、アトムを引き取り育てることにするのです。

ロボットは人間ではないと失望する天馬に対し、お茶の水はロボットにも心があるという信念を持っているのです。

つまり原作では天馬とお茶の水は対立する立場にあるのです。

ですが、『アトム ザ・ビギニング』では2人がコンビを組んでロボットを作るのです。

この違いが興味深いところだと僕は思うのです。

『アトム ザ・ビギニング』では天馬は「神」を作り出すを、お茶の水は「友」を作り出すことを夢見てるとあるので、根本的に2人の考えは相容れないのかもしれません。

そういう点では原作『鉄腕アトム』にも通ずるのだと思います。

全然関係ないですが、僕は原作『鉄腕アトム』のお茶の水博士が好きです。

何と言っても、あの愛嬌のある見た目が可愛らしいからですw


鉄腕アトム お茶の水博士 ぬいぐるみ

特徴的なやたらと大きな鼻が最高です!

確か『火の鳥』に登場する猿田の末裔という設定があったと記憶しています。

けど、猿田よりもお茶の水博士の方が柔らかい雰囲気です。

スポンサーリンク

漫画『アトム ザ・ビギニング』

ちなみに僕は全然知りませんでしたが、『アトム ザ・ビギニング』は『月刊ヒーローズ』で2015年から連載中の漫画だそうです。

コンセプトワークスはゆうきまさみさん、漫画はカサハラテツローさんです。

監修は手塚治虫さんの息子である手塚眞さん、そして手塚プロダクション
が協力しているとのこと。

まさに『鉄腕アトム』を現代に蘇らせるという感じが伝わってきます。

漫画『アトム ザ・ビギニング』について、かなり詳しく解説しているサイトがありますので紹介します。

非常に面白かったので是非御覧くださいませ!
⇓    ⇓    ⇓
鉄腕アトム誕生前の物語『アトム ザ・ビギニング』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー

ちなみに、コミックシーモアで無料立ち読みが出来ます。

⇒『アトム ザ・ビギニング』の無料立ち読みはこちら

僕は早速1巻だけ無料立ち読みしました。

原作『鉄腕アトム』とはだいぶ雰囲気は違います。

かなり面白そうで、先が気になります!

ですが、僕はあえて漫画の先を読まず、アニメの放送を楽しみに待つことにします。(待ちきれず、見てしまうかもしれませんが・・)

それにしても大学の首席研究生 堤茂理也、そして妹の茂斗子はやたらと美男美女に描かれてますね。

ですが、天馬とお茶の水をクズ呼ばわりして性格はかなり悪そうです。

この性格の悪い2人が天馬とお茶の水にどう関わってくるのかが気になるところです。

漫画の初っ端に『大災害』が描かれていましたが、この『大災害』がいったいどんなものなのかが気になります。

個人的な思いですが、漫画の雰囲気が浦沢直樹さん的な感じがちょっとしました。

そう言えば浦沢直樹さんの漫画にも、『鉄腕アトム』に関連した『PLUTO』という作品がありますね。


PLUTO (1) (ビッグコミックス)

なんか関係があるんでしょうかね?

今回は『アトム ザ・ビギニング』についてでした。

今後も『アトム ザ・ビギニング』について書いていくと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする