ドラゴンボール 孫悟空の界王様へのダジャレが電車を遅延させた!?①

『フトンがふっとんだ!!!』

このセリフ、何だかわかりますか?

きっと多くの方は、このセリフとともに映像も思い浮かべてしまうことでしょう。

gahag-0033998024-1
出典:「gahag.net」

『フトンがふっとんだ!!!』・・・・・このセリフ(というかダジャレですね)は、大人気の作品であるドラゴンボールの主人公の孫悟空が放ったものです。

そして『フトンがふっとんだ!!!』によって電車が遅延してしまうという事がありました。

『フトンがふっとんだ!!!』と電車とどう関係があるんだ?という感じですが、まず先にドラゴンボールについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

20年以上人気が続くドラゴンボール

ドラゴンボールはもう20年以上の前の作品にも関わらず、未だに人気が止まらない作品です。

僕も昔、ものすごくハマっていました。

こんな面白いものがあるのか!という勢いで漫画を読みまくり、視力を低下させたくらいです。

ドラゴンボールは、それぞれのキャラクターが非常に個性豊かで、どのキャラも見る人を魅了させてしまう力があると思います。

それは味方キャラだけではなく、敵キャラもそうでしょう。

いや、むしろ敵キャラのほうが人気かもしれません。
例えば、フリーザとかですね。

フリーザは、けっこう怖い存在だと思います。

(当時では)戦闘力は高いですし、自分の願望のために平気で周りを犠牲にする冷徹なキャラです。

しかし、フリーザのセリフや声を聞いただけで爆笑する人が多くいます。

冷酷な敵キャラなのにです。

もちろん敵キャラでも人気があるということはドラゴンボールに限った話では無いと思いますが、敵キャラなのに人々を笑いのツボにはまらせてしまう力があるのがドラゴンボールのすごいとこだと僕は思うのです。

ちなみにドラゴンボール以外の作品で、敵キャラなのに存在そのもので人々を笑わせてしまう例としては、天空の城ラピュタのムスカがあげられると思います。

あの悟空がダジャレを放つ!

さて、魅力的なキャラクターが多いドラゴンボールですが、その中でも主人公の孫悟空は他のキャラとはまた違った魅力があると思います。

戦闘力が高くて戦うのが大好きというのが悟空の目立つ部分ですが、彼の最大の特徴は異常なほどの純粋さだと思います。

筋斗雲に乗れていることからも心が清らかなのは間違いないでしょうし、その上で良い意味であまり悩まない性格で、誰かとトラブルが合ったとしてもそれを根に持つなんてことは皆無です。

自然体でそして自分の欲求に忠実に生きていますから、ストレスなどほとんど貯めこまないでしょう。

そんな悟空ですが、基本的に何かを見せつけて人の気を引こうとする行為は全くしません。

ですから悟空はジョークを言って人を笑わしたりすることはまず無いと思います。

そんな悟空が『フトンがふっとんだ!!!』というダジャレを叫んだわけですから、これは驚くべきことだと思いましたね。

スポンサーリンク

界王様のツボにハマった『フトンがふっとんだ!!!』

さて、そもそも純粋無垢な孫悟空が何故『フトンがふっとんだ!!!』というダジャレを言うことになったのか?

これについては、もう多くの方もご存知かと思いますが、ザックリ簡単に振り返ってみたいと思います。

悟空の兄であるラディッツとの戦いに勝利するものの、その時に負傷した悟空はあの世へ行きます。

あの世へ辿り着いた悟空は神様とともに閻魔大王の前にいます。

1年後に新たに地球にやって来るサイヤ人達に備えて、神様は悟空をパワーアップさせるべく、悟空を界王様の元へ行かせて欲しいと頼み、閻魔大王はそれを承諾します。

悟空は100万キロもある長い蛇の道を進み続け、ようやく界王様の元へたどり着きます。

さてこの界王様ですが、大のダジャレ好きです。

初対面の悟空にいきなりダジャレを披露します。
いきなりのダジャレに????となってしまう悟空。

上にも書いたとおり悟空は極めて純粋で、筋斗雲に乗れるほど心が綺麗なのです。

そんな悟空にはダジャレなど全く面白いと感じられません。

そんな悟空に界王様はダジャレで自分を笑わせることが出来たら修行させてやるという難題を提示しました。

純粋で心が清らかな悟空はダジャレの面白さが理解できません。

ですからこの難題を突きつけられた悟空は、苦しそうに顔を歪めて『うーんうーん』とうなります。

果たして悟空にダジャレを考えつけるだろうかと思いきや、なんと比較的早い時間でダジャレを思いつき、界王様に向かって叫びます。

「フトンがふっとんだ!!!」

これはびっくりでした。

あの悟空がダジャレを言ったのですから。

純粋無垢な悟空がどうやってダジャレを思いついたのかは謎です。

しかもちゃんと界王様を笑わせているのです。

しかし悟空はこのダジャレを言うのに相当なエネルギーを使ったであろうと見受けられます。

叫んでる悟空は両手の拳を握りしめ、額には汗が滲んでいます。(アニメ版だと汗は出ていないですが、それでも物凄く力んでいるのは伝わってきます。)
悟空にとって、ダジャレを考えることは非常に大変だったのだろうと伝わってきました。

しかしそれでも界王様を笑わせることが出来たのですから、すごいと思いますね。

『フトンがふっとんだ!!!』で電車が遅延?

さて、この悟空の放ったダジャレ「フトンがふっとんだ!!!」ですが、これがダジャレでなく現実に世界で実現することになります。

2013年の4月のことです。

西船橋を発車した武蔵野線の東京方面の電車が緊急停車しました。

突然の緊急停車です。

乗客は皆びっくりしたようです。

どうした!?
何があったんだ!?

突然の緊急停車ですから驚くのも無理はありません。

いったい何事かと思っていたことでしょう。

しかし、その緊急停車の理由を聞いた乗客は気が抜けたことでしょう。

武蔵野線の緊急停車した理由は、線路内に吹き飛ばされたフトンが侵入したため、緊急停車したというのですから・・・・・・。
フトンが電車を止めてしまったわけです。

次の記事で、もう少しこの事について書いていきますね。
続きはこちらです

鉄道関係の笑えるハプニングに関しては以下の記事を御覧ください。

『思わず笑ってしまう電車の面白い遅延理由やハプニングな出来事まとめ』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする