ひるね姫のココネと幼馴染モリオとの関係に恋愛感情は存在するか?

さて、もうすぐ(2017年3月18日)『ひるね姫』が公開されますね。

『ひるね姫』は神山健治監督の新作アニメ映画です。

既に話題になっているのでご存じの方も多くいらっしゃることでしょう。

さて、『ひるね姫』のあらすじでは、ココネの父・モモタローが突然逮捕され、その後ココネは怪しい男に狙われたりしますが、一連の事件の謎を解き明かそうとココネは東京に向かいます。(⇒あらすじについてはこちらからどうぞ)

その際にココネと行動を共にしたのがモリオです。

彼らは始終ずっと共に行動するのです。

『ひるね姫』は父と娘の絆を描いた映画とされていますが、僕はココネとモリオの絆も描かれていると感じています。

さて、今回は『ひるね姫』の主人公ココネとモリオについて書いていきます。

スポンサーリンク

ココネとモリオは幼馴染

さて、ココネとモリオは幼馴染です。

小さい頃から仲がよく、よく一緒に遊んでいた仲です。

ココネの父・モモタローとモリオの父・佐渡は高校時代からの悪友で、ココネとモリオが仲良くなったのもそのためでしょう。

年はモリオのほうが上ですが、子どもの時はココネのほうが背が高くて、いつもココネの後ろをついてまわっていたとのこと。

今ではさすがにココネよりも高いですが。

そんな彼は、地元の町ではかなりの秀才で、現在は上京し有名な理系の大学に通っています。

ただ、見た目には知的さと同時にオタクっぽさもあるとのこと。

それもまた彼の愛嬌といえるでしょう。

久しぶりの2人の再会の様子!

さて、そんなモリオですが、今は夏休みで久しぶりに地元に帰ってきています。

その時の2人の様子を小説から引用しますね。

「やあっぱり、モリオだ!」
「コ、ココネ・・・・・・」
再会の喜びに顔をほころばせるココネから、モリオはすこし後ずさる。
「久しぶり! もう大学は休みなんだ? いつこっち帰ってきたん? またすこし背ぇ伸びたん? 昔はちいっちゃくて、いっつも私の後ろぉ追っかけぇきよーたのになあ」
(中略)
「・・・・・・つうか、いい加減その呼び捨てやめろって・・・・・・」
照れくさそうに、モリオは頬を赤らめる。しかしそれに気づきもせず、ココネはにこにこ笑いながらモリオの方に寄り掛かる。
「ええー? じゃって、今更”モリオ君”とか”モリオさん”とかやこう呼びづらいがー」

出典元:神山健治著「小説 ひるね姫〜知らないワタシの物語〜」株式会社KADOKAWAより

さて、いかがでしょう。

この様子からココネとモリオの関係が見えてきませんか?

ココネはモリオをそうとう慕っているのが分かります。

ココネはめちゃくちゃ嬉しそうにしています。

モリオはココネから可愛がられてる感じですね、この感じは(笑)

本当はココネの方が年下なのに、モリオを弟分にちょっかいかける感じでいじっています。

モリオの反応を楽しんでいる感じです。

それに対し、モリオは久しぶりに会うココネにたじたじになっています。

嬉しそうに話しかけてくるココネに対し、モリオは後ずさりしています。

恥ずかしそうに頬を赤くしている様子から、モリオはこっ恥ずかしさを感じているのでしょう。

久しぶりに会ったココネが成長した姿を見て、モリオはココネを女として意識して見ているのではないかと感じました。

そのことをココネに知られたくないため「呼び捨てやめろ」と言って強がったように感じますね。

というかココネを女として意識しないようにしている感じです。

ココネとモリオの関係は恋愛要素はあるのか?

さて、そんな幼馴染の2人は事件に巻き込まれます。

ココネの父・モモタローは逮捕され、ココネ自身も志島自動車の役員の渡辺に連れて行かれそうになります。

たまたま居合わせたモリオの協力の下、間一髪で渡辺から逃れられ、以後2人はずっと一緒に行動します。

ココネは度々モリオに無茶振りをしますが、モリオはその無茶振りをなんだかんだ対応できているのがすごいと思いました。

例えば、渡辺のスキを突いてタブレットを奪還するところなんて、ココネの無茶振りな司令にモリオが対応できたからこそ成功したといえます。
(このスリリングなシーンについては別の機会に書いていこうと思います。)

またモリオはココネの変わりに事件について考えてくれました。

理系らしく極めて冷静に論理的な彼の思考はココネにとって心強いものであったでしょう。

ココネは父・モモタローを助けるために危ない橋を渡ってきました。

ですが、それを可能にしたのは幼馴染のモリオの存在です。

彼の支えなくしてはココネはきっと東京までたどり着くことはできなかったと僕は感じています。

ココネと父・モモタローは深い絆で結ばれていることが分かります。

ですが、それに勝るとも劣らぬ深い絆はココネとモリオの間にも僕は存在していると感じるのです。

ココネとモリオの関係に恋愛要素はあるのか?

僕の考えでは2人は恋愛関係ではないでしょうし、今後もそうなることはないと思います。

モリオはココネを多少意識した事もあったかもしれませんが、特に行動に移すこともないと僕は思うのです

ですが2人の関係はどうも恋愛関係ではない方がバランスが良いと僕には思えます。

これは完全に僕の個人的な思いですが、2人は恋愛というものを超えた、なんというか不思議な繋がりがあるように感じるのです

ある種兄妹のような家族のような関係と言えるかもしれません。

さて、今回はココネとモリオについてでした。

ちょっとまとまらなかったかもしれませんが、今回はこんなところで!

※2017/3/18追記!
『ひるね姫』の映画を見てきました!

感想は以下の記事で書いています!
⇓    ⇓    ⇓
『ひるね姫』の感想!面白いけどつまらない?!意味がわからなかった時は小説を!!

『ひるね姫』関連の他の記事は以下のリンクからどうぞ!
⇓    ⇓    ⇓
神山健治の新作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』についてのまとめ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする