『ひるね姫』の小説を購入!さっそくネタバレありの感想を書いていく!

さて、今月の18日(2017年3月18日)に待望のアニメ映画『ひるね姫』が公開されます。

『ひるね姫』のPVはこちらです。
⇓    ⇓    ⇓

僕はこの『ひるね姫』が楽しみでしょうがないです。

なぜなら、神山健治監督の作品だからです。

僕は神山健治監督の『東のエデン』がかなり好きで、だから『ひるね姫』も楽しみなのです。

そこのことについては以下の記事でも書きました。
⇓    ⇓    ⇓
『ひるね姫のあらすじ概要!神山最新作が君の名は。に似てる?!』

また、最近久しぶりに『東のエデン』を見返しましたが、やはりメチャクチャ面白く、これは神アニメだと再認識しました。

やはり神山健治の作品は素晴らしすぎる。

最高です。

その事については以下の記事で書きました。
⇓    ⇓    ⇓
『神山健治の名作!神アニメ『東のエデン』は面白すぎる!』

さて、というわけで楽しみでしょうがない『ひるね姫』ですが、なんと映画公開に先駆けて小説が発売されたことを知りました。

執筆は監督の神山健治さん自らの書き下ろしです。
⇓    ⇓    ⇓

それを知った僕は、「マジか!!?」と思いました。

速攻で小説買いました。

写真を載せます。
⇓    ⇓    ⇓

(あんまし上手く撮れてませんが・・・・)

そして、買った小説を早速読んでみましたよ。

まだ半分くらいまでしか読めてませんが、今回はそのことを記事にすることにしました。

スポンサーリンク

『ひるね姫』の小説を読んだ感想

まだ途中までだけど、小説『ひるね姫』の感想は、、、、、

素晴らしい!!

いやほんと最高でした。

メッチャクチャ面白いです。

僕のリアクションは大げさすぎやしないかと思われるかもしれませんが、いやマジで僕にとってドンピシャのストーリー展開でした。

何が面白いがと言いますと、ストーリーの展開の仕方ですね。

とにかくいたる所に謎を振りまいていく感じで物語が進んでいきます。

まさに『東のエデン』的な感じです。

本当に神山監督らしい展開だと思います。

関係ないと思っていたことが意外なところで繋がっていたり、それぞれの謎の断片がストーリー展開の歯車として機能していく感じが本当にたまらないですね。

なんというか、バラバラのパズルのピースが綺麗にハマっていくかのような展開だと僕は捉えています。

謎が少しづつ解けていくと同時に、また新たな謎を呼び、いったいストーリーはどこに向っていくのだろうと見ている側をすごく期待させるのですよ。

かなり荒唐無稽な所もありますが、非常に神山監督らしい味だと思います。

もしろ、その荒唐無稽さが心地良いとすら感じますね。

さて、『ひるね姫』を読み、心から湧き上がる感動を今この記事に書いていっているのですが、恐らくここまで見ていてもなんのこっちゃという感じだと思います。

僕がどういう所に激しく心を動かされたのかをもう少し具体的に書いていきたいと思います。

ちなみに、まだ『ひるね姫』のあらすじをご存知でない方は、良かったら先にこちらの記事を御覧ください!

※以下、重要なネタバレも含みますのでご注意くださいませ!

現実世界とハートランドの世界の同時並行にメチャクチャ興味が湧いた!!!

さて、僕が『ひるね姫』で非常に面白いと感じた点は、2つの世界が同時並行で動いていくところです。

1つは主人公森川ココネが暮らす現実世界。

もう1つは森川ココネが見ている夢の世界です。

これら2つの世界が同時に進行していきます。

既に公式ページ等であらすじは明かされていますが、主人公の『森川ココネは最近同じ夢を見る』という設定になっています。

僕は、ただ何となくおんなじ夢を繰り返し見ているだけなのかと思っていたのですが、単に夢と言うよりか、1つの世界を形成している感じです。

それでは2つの世界をごく簡単に書いてみます。

現実世界は主人公森川ココネが暮らす世界。

舞台は岡山県倉敷市で時期は東京オリンピック開幕直前。

森川ココネは女子高生。

零細自動車整備工場を営む父と2人暮らししています。

父の名前はモモタロー

モモタローは無口で家事は一切せず、父の世話を焼くのは娘のココネ。

母は既に他界。

一見平凡な現実世界、実は父モモタローには重大な秘密があることが後々分かってきます。

夢の世界はこれまた不思議な世界。

ハートランドという全てが機械仕掛けで出来ている国が舞台。

ココネはこの世界では、エンシェンという名のお姫様になっています。

エンシェン(ココネ)は魔法使いとして生まれました。

しかし、ハートランドでは魔法使いは災いをもたらす存在とされているため、異端視されます。

異端審問官のべワンの進言もあって、ガラスの塔へと幽閉されています。

これら2つの世界は一見全く関係なく、同時並行的に話が進んでいきます。

現実世界では、父親が突然の逮捕され補導されてしまいます。

そして娘のココネも正体不明の男たちに追われる身に、、、。

男たちの狙いは、父の持つタブレット。

いったいタブレットには、何があるのか、、、、、。

ハートランドでは巨大な鬼が街を破壊しています。

鬼の騒ぎに乗じてエンシェンがガラスの塔から脱出しますが、べワンに追われる身になります。

どちらの世界でもココネ(エンシェン)は追われる身になってるのが特徴です。

僕は、物語の中で現実世界とハートランドの2つの世界が並行して物語が進んでいく所に物凄く面白さを感じました。

というのも、この2つの世界は全然関係ないように見えて、どうして並行して存在していくのかが読んでいて分からないにも関わらず、実は深い関係があるのを予感させる雰囲気が所々から感じるからです。

そしてハートランドというあまりにも現実離れしたこの世界が何なのかが分からなくて、読んでいてメッチャクチャ気になってしょうがなくなるのですよ。

いったいこのハートランドとは何なのか?

機械仕掛けの国?、そして姫はどうして魔女なの?

そもそも現実世界と何の関係が?

このような疑問が湧いてきて、気になってどんどん先が読みたくなってしょうがなくなりました。

スポンサーリンク

衝撃の事実!夢の世界ハートランドは実は・・・

さて、読み進めていく内にココネの夢の世界が何なのかが明らかにされます。

ココネは正体不明の男から逃げつつ、父モモタローを助けるためにモリオと行動を共にするのですが、モリオは何故かココネの夢の世界に入り込みます。

その世界でモリオはエンシェンであるココネと出会います。

そこでエンシェン(ココネ)はモリオに次のように言うのです。

・「このまま夢の中でお父さんを助ければ、現実のお父さんも助かるかも!」

・「今朝から私が見てるこの夢、なぜだか現実と繋がっとるん。魔法が使えるこっちで助けに行ったほうが、都合がええが!」

出典元:神山健治著「小説 ひるね姫〜知らないワタシの物語〜」株式会社KADOKAWA

いやもう僕はこういうSF展開大好きなんですよね(笑)

このセリフだけでもゾクゾクしましたよ!

つまり夢と現実が繋がっているというのが途中から分かってくるのです。

僕はこれだけでもワクワクするのですが、さらにこの夢の世界についてココネは次のように言います。

「ここは、お父さんが昔作った物語の世界だよ」
「物語の世界?」
「そう。モリオも覚えとらん? 小っちゃい頃にさ、ウチに泊まりに来た時とか、お父さんが寝る前に話してくれた・・・・・・」

出典元:神山健治著「小説 ひるね姫〜知らないワタシの物語〜」株式会社KADOKAWA

なんとココネの夢の世界ハートランドは、ココネの父モモタローが作り出した物語の世界だということが分かります。

これにはビックリです。

マジか!!、という感じです。

ココネの夢=父モモタローの作った物語の世界、とはどういうことだ?!、ですよ。

いや本当に驚きです。

父の作った物語があるのは良いとしても、なぜその世界がココネの夢として存在しているのか、そして何でその夢をモリオも見ているのか、などなど更に色々と疑問が湧いてきますよ。

先が物凄く気になります。

さて、今回は小説「ひるね姫」を読んだ感想を書きました。

本当は全部読み終わってから書く予定でしたが、興奮してしまったのでついつい記事にしてしまいました。

興奮していたため、まとまりがない記事となってしまいました。

最後まで読み終わりましたら、また記事を書きますね。

※追記!
小説『ひるね姫』を最後まで読み終わりました!

感想は以下の記事で書いています。
⇓    ⇓    ⇓
ひるね姫の感想!森川ココネの夢の正体、それは・?(ネタバレあり)

※2017/3/18追記!
『ひるね姫』の映画を見てきました!

感想は以下の記事で書いています!
⇓    ⇓    ⇓
『ひるね姫』の感想!面白いけどつまらない?!意味がわからなかった時は小説を!!

『ひるね姫』関連の他の記事は以下のリンクからどうぞ!
⇓    ⇓    ⇓
神山健治の新作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』についてのまとめ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする