京王電鉄のはぐれもの『井の頭線』!線路幅や車両が京王線と違う!

東京都心寄りの新宿から西へ多摩地方へと線路を伸ばす京王電鉄。

主な幹線は京王電鉄京王線で新宿〜京王八王子まで結んでいます。

『京王』『京王』と連続して紛らわしいですが、『京王線』と言うのは路線名です。

この京王線が京王電鉄における本線と言えます。

もう1つ幹線的な路線があります。

それは調布から多摩ニュータウン方面へと路線を伸ばす相模原線です。

こちらは、多摩センターを経由し橋本まで結んでいます。

京王線と相模原線。

この2つが、京王電鉄の主要幹線としてあります。

と言っても大元は京王線と言えます。

そして、本線である京王線から枝分かれするように、支線が存在しています。

東府中から府中競馬正門前まで結ぶ競馬場線、高幡不動から多摩動物公園駅まで結ぶ動物園線、そして北野から高尾山口まで結ぶ高尾線です。

これらの路線が新宿から西へと向かう京王電鉄の一塊として存在しています。

これらの路線は全て本線である京王線と線路はつながっており、車両も共通しています。

さて、これらの一塊を京王線系統と呼ぶとすると、京王線系統に全く属さない路線が1路線だけ京王電鉄に存在しています。

それは、井の頭線です。

スポンサーリンク

線路の幅が違う京王線と井の頭線

京王電鉄井の頭線。

この路線は『京王電鉄』なのですが、京王電鉄の他の路線とは一切交わることがなく、関係なく走っています。

京王線の他の線は全て京王電鉄京王線につながっていますが、井の頭線は全く独立して存在しています。

線路も全くつながっていません。

更に言うと、線路の幅がぜんぜん違います。

井の頭線の線路の幅は1067ミリです。

1067ミリは狭軌と呼ばれる線路は幅で、日本の鉄道の殆どはこの狭軌幅の線路です。

東京近郊ではJR、小田急電鉄、東急電鉄、東武鉄道、西武鉄道が当てはまります。

一方、京王線系統は線路幅は1372ミリです。

この幅を持つ路線は、日本国ではたった4路線しかありません。

京王井の頭線、東急世田谷線、東京都交通局、函館市企業局交通部 です。

ですから、京王線系統の線路の幅はかなりレアだということになりますね。

車両もぜんぜん違う

線路の幅が違うということは、当然ながら車両も京王線系統とは全く違うものになります。

京王線系統は9000系、

出典元:楽天市場「MICROACE A7471 京王9000系 都営地下鉄乗入仕様車 基本6両セット

または8000系

出典元:楽天市場「GREENMAX 1146M 京王8000系 8032編成 増結用中間車4両セット

などが主に走っている車両です。

井の頭線では、10000系のみ走っています。

出典元:楽天市場「プラレール 京王電鉄 井の頭線1000形 【サーモンピンク(ピンク)】

井の頭線だけが違う理由、それは・・・・?

このように京王線系統と井の頭線は線路幅や車両が違うため、同じ鉄道会社ながらも井の頭線は全く独立して存在しています。

京王線系統と井の頭線の接点は明大前駅で線路がクロスする以外、全く接点がありません。

まるで別会社の路線かのようにも思えます。

なぜ京王電鉄の中で井の頭線だけが別として扱われているのでしょう。

実は、井の頭線の歴史を調べていくと、この事実の理由が分かってきます。

その事については次回の記事で書いていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする