京王線クロスシートの座席指定列車が2018年春に導入!

2018年春、京王線に新型車両が導入されるようです。

その新型車両はなんと座席指定列車用の車両とのことです。

とうとう京王にも座席指定列車が走るということで、僕はワクワクしています。

京王にも、とうとうクロスシート車が走るからです。

今回は座席指定列車について書いていきます。

スポンサーリンク

京王線の座席指定列車はサラリーマンの強い味方に!

さて、詳細はこちらのサイトで説明されていますが、2018年春から京王線で座席指定列車を走らせる予定だそうです。

2018年春と言うと、小田急線が新型ロマンスカーを走らせるのと時期がかぶっています。
(新型ロマンスカーについては『小田急ロマンスカーに新型車両登場!2018年3月から運転開始!』の記事で書いています)

これまで京王線はロングシート通勤車両の電車しか走らせていませんでしたから、座席指定の導入には驚きました。

京王もまさかクロスシートを導入とは!!!という感じです。

いつかクロスシート車が走らんものかと思っていましたから、嬉しいです。

僕はクロスシート車、好きなんですよね。

この座席指定列車は平日・土日ともども夜間の新宿発京王八王子行きまたは橋本行きで運用される予定みたいです。

夜間の運用、つまり仕事帰りのサラリーマンたちのためのおもてなしというわけですね。

京王線は通勤時間帯はかなり混みます。

疲れたサラリーマンたちにとってギュウギュウ詰め電車はかなりしんどいものでしょう。

そんな時、ちょっとお金を払えば確実に座れる座席指定列車はサラリーマンにとって強い味方となるでしょう。

京浜急行のウイング号なんかと性格的に近いものになるでしょう。

西武の座席指定列車との違い

実は西武池袋線でも副都心線・東横線直通列車で座席指定列車を走らせる計画があります。

それについては『2017年春、副都心線に西武の座席指定列車が直通!』でも書きました。

こちらは2017年春からの運行ですから京王よりも速いです。

もしかしたら、京王は西武から影響を受けたのかもしれません

ただ、西武池袋線の座席指定列車は休日は観光向け列車になるのに対し、京王は通勤向けのみの仕様で観光目的は一切ないそうです。

この点は西武とは違いを感じます。

僕はこれは正解だと思っています。

というのも、京王の観光地・高尾山口は都心からそれほど遠くありません。

観光目的の人がわざわざ座席指定券を購入してまで高尾山口まで乗るとは考えにくいからです。

あくまでもラッシュで座れないサラリーマンだからこそ威力を発揮すると僕は思っています。

スポンサーリンク

同じ理由で、僕は中央線のグリーン車計画には疑問を持っています。

それについては『中央線グリーン車は工事大変!導入は中央特快大月行き以外いらない!』でも書きましたが、そもそも中央快速線は短距離ですから、わざわざグリーン券を買う人がいるか疑問だからです。

それにJR東日本の普通グリーン車は、座席指定ではありません。

つまりグリーン券を買っても席が埋まっていたら座れないわけです。

よってグリーン券が無駄になるのです。(払い戻しはできますが、面倒。)

だから中央線のグリーン車導入はサラリーマンの味方にはならないだろうと僕は思っています。

京王線も比較的短距離ですが、それでも確実に座れる座席指定列車は価値があると僕は思っています。

コンセント付き車両!

ちなみにこの列車、コンセント付きの予定です。

座席指定とは言え、通勤型車両にコンセントとは、素晴らしいサービスだと思います。

1番の利用はスマホの充電でしょう。

電車の中でスマホいじる人は多いと思いますが、コンセントが付いているとなると電池切れを心配することなくスマホを使えます。

これは非常にありがたいです。

そしてノートパソコン用の充電コンセントに使う人もいるでしょう。

車内には無線LANも飛ばすらしいので、パソコンで仕事をすることも可能になります。

さて、まとまりのない文になりましたが、今回は京王線の座席指定列車について書きました。

さらに新しい情報を知った時、また記事を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする