君の名は。のネタバレ感想!映像だけ綺麗で正直つまらないその理由

さて、前回に続いて『君の名は。』について書いていきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド [ 新海誠 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/12/21時点)

前回の記事は『君の名は。が歴代興行収入でもののけ姫を抜く!宮崎駿と新海誠の比較』です。

前回の記事ではジブリの宮崎監督作品『もののけ姫』の興行収入を『君の名は。』が抜いたということについて書いてきました。

長らく覆されることがなかったこの記録を『君の名は。』が抜いてしまったということで話題になっていました。

そして、とうとう宮﨑駿監督の『ハウルの動く城』までをも抜いてしまった『君の名は。』

この前代未聞のアニメはいったいどんな作品なのか、非常に気になっていました。

前回の記事でも書きましたが、僕はタイミングが悪く『君の名は。』をずっと見られていませんでした。

世間で騒がれている中、自分だけまだ『君の名は。』を見ていないというのも取り残された気分でしたが、先日ようやく見ることが出来ました。

ということで、今回は『君の名は。』の感想を書いていこうと思います。

多少のネタバレ感想が含まれます。

スポンサーリンク

本当に『もののけ姫』や『ハウルの動く城』よりも面白いの?

さて、それでは『君の名は。』の感想を書いていきたいのですが、正直、記事にするかどうか迷ういました。

というのも、この映画に対する僕の感想は世間の評価とは全然違ってるからです。

多分僕のような感想は世間一般では少数派なのかかもしれません。

ですが、そんな僕の意見でも『君の名は。』に対する1つの感想として、自分の中に封印するのではなく記事にすることにしました。

さて、それでは僕の『君の名は。』に対する率直な意見。

「この映画ってそんなに面白いの???」

はい、これが僕の感想です。

もっと正直に言いましょう。

つまらなかったです。

なぜこの作品がこれほどまで人気が出たのか、正直良く分かりませんでした。

『もののけ姫』や『ハウルの動く城』の方が面白いと感じています。

『ハウル』を抜いた、ということで期待していたのですが、拍子抜けした気分です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハウルの動く城 [ 倍賞千恵子 ]
価格:4222円(税込、送料無料) (2016/12/21時点)

なんだか悪口を言ってるみたいで心苦しいのですが、正直な感想なのです。

もちろんこれは僕の個人的な意見です。

『君の名は。』を面白いと評価している人の感覚を悪く言うつもりは全くありませんし、世間で評価されているということは、時代がそして社会がそれを求めているということなのでしょう。

しかし、僕にとってはあまりピンとこなかったということです。

僕の感覚が世間からずれているのでしょう。

しかし、これは僕の個人的な意見ですが、本当に強烈な作品であれば例え世間的感覚からずれていようが、それすらも包み込んでしまうほどの包容力を持ったものになると思うのです。

だから僕は『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』に惹きつけられるのだと思っています。

『君の名は。』は残念ながら僕にとってそのような力を持った作品とは感じられませんでした。

僕にとって強く訴えかけてくる作品は、何も知名度がある作品ばかりではありません。

例えば、僕はcomicoという漫画アプリを読んでいますが、その中で『失格人間ハイジ』という作品に強烈に影響を受けています。
(この作品については別の機会で書いていこうと思います。)

『失格人間ハイジ』はcomico内では人気がありますが、世間的には全然知られていない作品だと思います。

しかし、僕はこの作品から強烈にインパクトを受けます。

強烈な作品と言うのは、目新しさとか斬新さとかそういった事からではなく、単純に見ているだけで読んでいるだけで心に残るものだと僕は思っています。

それで心に残るほどインパクトが強い作品であれば、僕はそこから考察をしたくなっていきます。

『失格人間ハイジ』にはそのくらい強烈なものがあります。

もちろん、僕がブログで書き続けている宮崎駿作品もそうです。

他にも、庵野秀明監督の『エヴァンゲリオン Air まごころを君に』や神山健治監督の『東のエデン』や押井守監督の『パトレイバー2』なども僕にとっては強烈なインパクトを与える作品でした。

また手塚治虫さんの『火の鳥』もそうです。

でも、『君の名は。』は残念ながら僕にとってはそのような作品ではなかったのです。

ただ、これはあくまでも僕の感覚です。

世間で評価されているのですから、きっと素晴らしい作品なのだと思います。

スポンサーリンク

映像は綺麗だった

さて、『君の名は。』についてマイナスなことばかりのっけから言ってしまっています。

その理由については後述するとして、この作品について良かったと思う点について述べます。

とにかく映像が美しい。

この点が『君の名は。』の大変素晴らしいところだと僕は感じました。

糸森町の自然豊かな風景や糸森湖の広々とした空間は見ていて心が広がるようでした。

また都会の風景や人々の動きなど、リアリティを持ちながらもどこかSFっぽさを感じる独特な魅力がありました。

電車ネタになりますが、立花瀧が乗っていた電車は中央総武緩行線でしたが、その描写がまさに現実のJR東日本の中央総武緩行線の
E231系を見事に再現していて驚きでした。

出典元:楽天市場「E231系 中央・総武線各駅停車 DVD

特に扉の開く際のブザーの音まで再現されていたのには驚きでした。

映像の綺麗さも相まって、電車も独特な魅力と美しさ醸し出していると思いました。

特に非常に美しさを感じたのが映画後半の彗星接近の場面です。

糸森町を破壊するべく近づいてきている彗星。

その彗星はその後、多くの命を奪う存在であるはずなのに、非常に幻想的に描かれていたのがとても印象的でした。

恐ろしい彗星接近を非常に美しく描いているというところが面白いと感じています。

スポンサーリンク

しかし、ストーリーはつまらなかった・・。理由はありがちな展開だったから

僕はストーリーには共感出来ませんでした。

映像が綺麗なだけに余計にそのように感じてしまいます。

まず、映画を見始めて30分くらいで、既に意識が映画から離れていました。

せっかく主人公の立花瀧と宮水三葉が入れ替わるという興味深い設定があるにも関わらず、それがあっさりと描かれすぎていて全然おもしろいと感じませんでした。

あっさりと言うか、適当に描かれていると言う感じですかね・・・。

『夢を見ていると思ったら他の人物になっていた。』

この展開は、僕は手塚治虫の火の鳥『太陽編』を思い出しました。

火の鳥『太陽編』では主人公は7世紀と21世紀を夢を通して行き来します。

夢だと思ったら別の世紀の人物になっているのです。

『太陽編』を読んだのは中学生の時、学校の図書室です。

今、手元にないのですが未だに記憶に強く残っています。

僕は『太陽編』が非常に強烈にインパクトに残っているため、『君の名は。』の入れ替わりの描写があっさりしすぎていて正直面白みにかけているように思えました。

壮大さに欠けるという感じです。

また、入れ替わりのやり取りを見ていて途中で飽きました。

話がどこへ向かっているのか分からなかったからです。

冗長に感じました。

例えば、立花瀧と先輩の奥寺ミキのデートシーンなんて必要あったのでしょうか?、と僕は思っていしまいました。

新海監督は先を予想させない展開を意識して作っていたとのことですが、僕にとっては展開そのものが展開していないように感じ、ストーリーがひどく鈍く感じました。

キャラクターのリアクションとかも何だか大げさでワザとらしさすら感じてしまい、早く話が先に進まないものかと思ったものです。

途中、宮水三葉は実は3年前の人物で、しかももうこの世にいないということが明かされました。

この設定も一見面白そうに見えるものの、正直意外性はそこまで感じませんでした。

というのも、この手の展開は他の作品でも見られるからです。

例えば、『Ever17』というゲームがあるのですが、これは異なる時間のストーリ進行を極めて上手く描写している作品です。

設定があまりにもすごすぎて、ラストでぶったまげるほどのものでした。

評論家の東浩紀も『Ever17』は非常に高く評価しています。

ちなみに電子書籍も出ています。
↓    ↓

『君の名は。』はループものと言われる作品なのでしょう。

ですが、ループものとしては他の作品を見慣れている僕からすると目新しさは感じられませんでした。

『過去に遡り障害を克服し未来へつなげる』というこの展開は、同じく『Ever17』や『ひとかた』、『ひぐらしのなく頃に』、『シュタインズゲート』、『AIR』、『Noesis』、『レイジングループ』のようなゲーム作品でもあります。

これらのゲームは僕はざっとプレイした事があります。

そのため、『君の名は。』の糸森町を救う展開は、なんだか「またこの展開かよ・・・・」と個人的に感じてしまい、見ていて冷めてしまったというのが本音です。

なんだか『ひぐらしのなく頃に』で、時間を遡った圭一が皆で協力して雛見沢村を救う展開を見せられているような気分になりました。

どうせなら、もっととんでもない展開になって欲しかったです。

それこそ、宮崎駿監督の漫画版『風の谷のナウシカ』7巻のようにです。

7巻は今まで積み上げてきたものが一瞬で無に帰すかのようなとんでもない展開です。

或いはエヴァンゲリオン『まごころを君に』みたいな、異常極まりない展開とかです。

もちろん上でも書いたとおり、斬新さとか意外性だけが作品の良し悪しを決めるものではないと思いますが。

なんだか『君の名は。』批判の記事になってしまいました。

繰り返し申し上げますが、これはあくまでも僕個人の意見です。

『君の名は。』は世間で評価されていますから、きっと素晴らしい作品に違いありません。

一視聴者の意見として捉えて頂ければと思います。

さて、ここまで色々と書いてきましたが、まだまだ感じていることがあります。

続きは次回以降書いていこうと思います。

続きはこちらです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする