メアリと魔女の花の猫の名前と正体は?原作本からのネタバレあり!

※この記事は、原作本からのネタバレがありますのでご注意ください!

※追記!!
7/8、『メアリと魔女の花』の映画を見てきました!!

感想は以下の記事で書いています!!
⇓    ⇓
映画メアリと魔女の花のネタバレ有りの感想と評価レビュー!

※以下からは、映画を見る前に書いた記事です!。
⇓    ⇓   

さて、前回に引き続き今回も『メアリと魔女の花』について書いていきます。

前回の記事はこちらです。
⇓    ⇓    ⇓
メアリと魔女の花のあらすじと原作ネタバレ!魔女の宅急便のパクリではない!!

けっこう大々的に宣伝もされているので、存在を知っている人も多いことでしょう。

『メアリと魔女の花』は元ジブリの米林監督による作品です。

僕はそうとう楽しみなのです。

YouTubeや映画館でPVが流されてますが、PVだけでも既に神アニメの予感がして今からワクワク前回な僕なのであります。

これは絶対に面白いはずだと思っています!

ところで『メアリと魔女の花』のPVを見て気になった人もいると思います。

それは黒猫です。

ほんの一瞬だけ登場する猫ちゃんです。(黒猫登場のシーンから再生されます!)
⇓    ⇓    ⇓

いかがでしょうか、なんとも可愛らしい黒猫ちゃんであります!

この黒猫は何なのか気になりところです。

今回は、この黒猫について書いていきますね。

スポンサーリンク

魔女のパートナーとしての黒猫?

魔女と言えば黒猫。

黒猫は魔女のパートナー的存在としてメジャーであります!

米林監督がこの作品を作るにあたって意識したとされる『魔女の宅急便』でも黒猫のジジが登場します。
(※『メアリと魔女の花』と『魔女の宅急便』の関係についてはこちらの記事を御覧くださいませ。


スタジオジブリ 魔女の宅急便 なかよし ジジ ぬいぐるみ S 23cm

なので、『メアリと魔女の花』に登場する黒猫は魔女つながりでの登場ということでしょう。

しかし、映画の予告や公式ページで紹介されているあらすじでは、この黒猫に関しての情報はまだ明かされていないです。

そこで、今回は『メアリと魔女の花』の原作本の『小さな魔法のほうき』を元に、この黒猫ちゃんについて書いていきますね。
(あくまで原作を元にしているので、映画とは差異が生じる可能性があることをご了承ください)

黒猫の名前、そして正体は?

さて、この黒猫ですが、物語ではとても重要な役割を担っています。

というのも、平凡で退屈な日常を過ごすメアリを不思議な世界に引き込むきっかけを作ったのがこの黒猫だからです。

メアリはとある日に森でこの黒猫と出会います。

さて、この黒猫の名前はティブと言います。

黒猫ティブの正体は魔法の力を持つ猫です。

ティブはメアリを森の奥へと導いていき、非常に珍しい不思議な花の所まで案内されるのです。

その花の名は『夜間飛行』。

7年に1度しか咲かないという魔法の花です。

この夜間飛行をきっかけに、メアリは非日常の体験をすることとなります。

夜間飛行は魔力が秘められてます。

偶然にも夜間飛行の花の汁がホウキに付き、魔法のホウキとなってメアリは魔法大学エンドアへ連れて行かれるのです。

黒猫ティブは魔法の力を持った猫!そのため、魔法大学に捕まってしまう?!

魔法大学エンドアにたどり着いたメアリ。

では、気味の悪い魔法の授業、奇妙な実験が行われてるところでした。

校長のマダム・マンブルチュークそして科学者ドクター・デイの策略により、黒猫ティブは囚われてしまいます

ティブは魔法の力を持った猫で、マダム・マンブルチューク達からすると、黒猫ティブは実験動物として非常に魅力的だということです。

メアリは、夜間飛行の花の力を借りて、囚われたティブを助け出すために奮闘していくことになります。

スポンサーリンク

黒猫ティブの双子の弟ギブもエンドアに捕まっていた?!

ところで、黒猫ティブには双子の弟猫のギブがいます。

ギブは灰色の猫です。

実はPVでも一瞬だけ登場しています。(灰色猫ギブが映る所から再生されます。)
⇓    ⇓    ⇓

双子だけに、ティブとそっくりです。

ギブもかわいい子猫ちゃんです!

しかし、ティブと初めて出会ったときから、メアリは弟のギブには一度も会いませんでした。

ギブはどこに行ってるのだろうと、メアリはずっと気になっていたのです。

ですが、会えるわけがなかったのです。

実は、弟ギブも実験動物としてマダム・マンブルチューク達に捕らえられていたからです。

メアリがティブを助けるために、『呪文の神髄』を唱え捕まっていた多くの実験動物を助け出すのですが、その際に弟のギブがメアリの前に現れたのです。

スポンサーリンク

黒猫ティブがメアリを不思議な世界に誘った理由は、弟ギブを助けるため?

さて、原作にも詳しく書かれておらず、これはあくまで僕の予想です。

黒猫ティブは、そもそもどうしてメアリを『夜間飛行』のところまで案内したのか?

それはきっと、魔法大学エンドアに捕らえられる弟ギブを助けて欲しかったからではないかと思うのです。

ティブはメアリの本質を見抜いたのだと思います。

メアリは何をやっても上手く行かない女の子。

ですが、ティブが捕らえられた時は、たった一人でエンドアに乗り込んでティブやギブ、その他大勢の実験動物達を助けます。

その時のメアリは非常に勇敢なのです。

あのメアリがこれほど積極的になるなんて!

僕は原作を読みながらジーンとしました。

ピンチのとき、その人本質が現れると思います。

頼りがいのありそうな人が、いざとなった時に真っ先に逃げ出す場合もあれば、頼りなさそうな人が実はすごくしっかりしていたとかです。

メアリは何をやっても上手く行かない女の子でしたが、芯はしっかりと持っていたのです。

黒猫ティブはそんなメアリの本質的な部分に気が付き、そしてメアリに賭けてみることにしたのです。

メアリを『夜間飛行』まで案内したのはきっとそうに違いないと僕は思います。

さて、今回は『メアリと魔女の花』の黒猫について書いてきました。

繰り返しになりますが、この記事は原作『小さな魔法のほうき』を元に黒猫について書いています。

映画とは異なる可能性があることをご了承くださいませ。

『メアリと魔女の花』については今後も書いていく予定です。

『メアリと魔女の花』についての他の記事はこちらです!
⇓    ⇓    ⇓
夏公開の元ジブリ監督の映画『メアリと魔女の花』のまとめ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする