耳をすませばの雫はバロンと西司朗の恋人ルイーゼの生まれ変わり?!

今回もスタジオジブリ作品『耳をすませば』について書いていきます。

これまで書いてきた『耳をすませば』の記事は以下からどうぞ。
⇓    ⇓    ⇓
『スタジオジブリの青春恋愛ストーリー、耳をすませば・まとめ』

『耳をすませば』は青春ラブストーリーです。

主人公の月島雫が図書カードに書かれている天沢聖司の名が気になるところから始まり、そしてその天沢聖司と出会い、最後にはプロポーズされるところまでが描かれています。

初々しい2人の姿を微笑ましく思う人々が多い中、一定数の人が『耳をすませば』を見ることで落ち込んでしまったり鬱になってしまう耳すま症候群にかかってしまうことでもこの作品は有名です。

耳すま症候群については以下の記事で書いていっています。
⇓    ⇓    ⇓
『耳すま症候群が辛い?耳をすませばを見て鬱で落ち込む必要はない!』

さて、そんな『耳をすませば』ですが、非常に興味深い都市伝説があります。

それは何かといいますと、『雫がルイーゼの生まれ変わりである』というものです。

今回はその事について書いていきますね。

スポンサーリンク

西司朗の生き別れの恋人、ルイーゼ

さて、雫の前世がルイーゼであるということについて書く前に、ルイーゼについて簡単に触れますね。

ルイーゼというの雫の相方である聖司の祖父、西司朗の元・恋人です。

ルイーゼと西司朗が出会ったのはドイツです。

西司朗はその昔、ドイツに留学し、ルイーゼと出会い恋人同士になりました。

その後、西司朗はドイツを離れることとなり、ルイーゼに必ずまた迎えに行くと約束しました。

しかし、その直後に戦争が勃発。

その影響で西司朗はルイーゼとの約束を果たせなかったのです。

戦争が終わり、再び街へ行き、探し続けたもののルイーゼを見つけることが出来ず、西司朗とルイーゼは生き別れとなってしまったのです。

さて、西司朗の生き別れの恋人・ルイーゼの生まれ変わりが、なぜ雫だという噂が立っているのか?

それについて以下に書いていきますね。

雫の小説の中のバロンの恋人の名もルイーゼ!

さて、雫は映画後半より西司朗の持つ人形・バロンをモデルとした小説を書きます。

バロン人形は西司朗の宝物で、猫の男爵の姿をしています。

全くの余談ですが、このバロンは後のジブリ作品の『猫の恩返し』でも登場しています。

話を戻します。

さて、西司朗は雫がバロンをモデルとするにあたり、自分を雫の小説の最初の読者とすることを条件としました。

雫はあれこれ悩みながらも(受験勉強そっちのけで)小説を書き続け完成させます。

そして西司朗の元へ、書き上げた小説を持っていきました。

西司朗は雫の小説を読み驚きます。

西司朗と雫の会話を載せますね。

西司朗
「いやあ、ありがとう。さてどこまで話したかな?」


「ドイツに留学して、町のカフェでバロンを見つけたって…」

西司朗
「そうそう、メランコリックっていうのかな、この表情にひかれてね。
店の人に、是非ゆずってほしいと申し出たんだ。

でも断られた。
このネコの男爵には連れがいる。恋人同士を引き離すことはできないってね。

ちょっとした修理に職人の元へもどしてある、
貴婦人のネコの人形の帰りを、バロンは待ってるっていうんだ。」


「それって、まるで私の作った物語と、」

西司朗
「そうなんだ。不思議な類似だね。

帰国の日も迫っていたし、僕はあきらめようと思った。
その時ね、一緒にいた女性が申し出てくれたんだ。

恋人の人形が戻ってきたら、彼女がひきとって、二つの人形を、きっと一緒にするからって。
店の人もとうとう折れてね。僕はバロンだけを連れて、ドイツを離れることになった。

必ず迎えに来るから、それまで恋人の人形を預かってほしいと、その人に約束してね。
二つの人形が再会する時は、私達が再会する時だと

それからすぐ戦争が始まってね。僕は約束を果たせなかった
ようやく、その町に行けるようになってから、ずいぶん探したんだ。

しかし、その人の行方もバロンの恋人も、とうとう分からなかった。」

出典元:近藤喜文監督「耳をすませば」スタジオジブリ

ここで西司朗が言う『一緒にいた女性』というのは生き別れの恋人ルイーゼの事です。

西司朗はルイーゼと、ルイーゼが預かっているはずのバロンの恋人人形と再会する予定でしたが、戦争によりそれが叶わぬこととなったのです。

会話からも分かる通り、雫の小説は、西司朗がドイツで自分が体験した事と酷似していると雫に言っています。

雫の小説の中でバロンは次のセリフを言っています。

私と、いいなずけのルイーゼは、遠い異国の町に生まれた。

その町にはまだ魔法が生きていて、
魔法使いの血をひく職人達が、工房を連ねていたものだった。

私達を作ったのは、見習いの貧しい人形作りだった。
しかし、ルイーゼと私は幸せだった。彼が人を愛する思いを込めてくれたから。

出典元:近藤喜文監督「耳をすませば」スタジオジブリ

西司朗の若い頃のシチュエーションそっくりです。

というか、まんまそのままとっても良いでしょう。

しかもバロンの恋人の名が、西司朗の元恋人と同じルイーゼです。

偶然にしては出来すぎている感じです。

このことから、雫は西司朗の元恋人のルイーゼの生まれ変わりだと言われているようです。

スポンサーリンク

時々バロンに会いたくてたまらなくなる雫

さてそのことを踏まえ、さらにもう1つ理由があります。

それは雫がバロン人形に対して言った言葉です。

ふしぎね。あなたのこと、ずうっと先から、知っていたような気がするの。

時々、会いたくてたまらなくなるわ。
今日はなんだか、とても悲しそう。

出典元:近藤喜文監督「耳をすませば」スタジオジブリより

西司朗のところで初めてバロンを知ったのです。

ですが、その後もバロンに会いたくなって時々地球屋へと足を運ぶのです。

『バロンの事を前から知っていた気がして、そして会いたくてたまらなくなる』と言う雫のセリフには、まるで西司朗の生き別れの恋人ルイーゼを連想させるのです。

バロンや西司朗と同じく、雫も恋人と生き別れの運命に・・・・・

さて、以上のことから雫はルイーゼの生まれ変わりだと噂されるようになったのです。

西司朗とルイーゼは生き別れになったわけですが、その西司朗の孫である聖司とルイーゼの生まれ変わりである雫が、再び出会い恋人同士になるわけです。

まさに運命が決まっていて、雫は聖司と出会うべくして出会ったという感じです。

構図として非常に美しいものだと思います。

もしかしたら雫は本当に生まれ変わりなのかもしれません。

僕はそう思います。

しかし、僕は雫がルイーゼの生まれ変わりだということは非常に残酷であると思うのです。

なぜなら雫はルイーゼや西司朗、またバロンと同じ運命を辿ることとなるのですから・・・・。

それはとても辛い運命です。

雫はラストシーンで聖司にプロポーズされるわけです。

聖司はこれからイタリアのクレーモーナに修業に行きます。

少なくとも10年は帰って来ないのです。

まさに生き別れです。

雫にはこれから輝かしい青春が待っています。

その青春をただ『待つ』だけで終わろうとしているのです。

再び会えるかどうかもわからないのです・・・。

僕はそんな雫に対しての思いを以下の記事に書きました。
⇓    ⇓    ⇓
『耳をすませばの雫は聖司で大丈夫?その後、結婚せず別れるほうが・・』

雫がルイーゼの生まれ変わりだとすると、実によく出来た話です。

西司朗が叶わなかった恋愛が、孫の聖司と生まれ変わりの雫という形で収まろうとしてるのです。

本当に構図として美しいです。

ですが僕は思うのです。

もし雫がルイーゼの生まれ変わりだとしても、その運命にあらがってほしいと。

雫は前世のルイーゼの呪縛に縛られることはないのです。

だから雫はこの先、『待ち続けるだけの青春』に辛くなったとしたら、聖司と別れる決断をして良いと僕は思うのです。

そんな運命なんかに縛られる必要はありません。

運命は自分で切り開いていくものです。

雫にはまだ未来があります。

自由に生きていって欲しいと願います。

今回は雫がルイーゼの生まれ変わりということについて書いてきました。

『耳をすませば』の他の記事は以下から御覧ください。
⇓    ⇓    ⇓
『スタジオジブリの青春恋愛ストーリー、耳をすませば・まとめ』

他のスタジオジブリ作品については以下のバナーからどうぞ。

⇓   ⇓   ⇓

%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする