スタジオジブリ宮崎駿アニメ作品のヒロインまとめ

スタジオジブリの宮崎駿監督が作るアニメにはほぼ全作品に少女が多く登場します。

宮崎監督と少女。

この関係は切っても切れないのではないかと言えるのではないかと思われます。

この記事では宮崎監督アニメに出てきたヒロインについてこれまでに書いた記事をまとめてみました。

スポンサーリンク

『魔女の他急便』のキキ

思春期の女の子の成長を描いた『魔女の他急便』。

主人公キキは13歳で独り立ちし、なれない都会の生活の中で、挫折を経験しながらも成長していきます。

キキについては以下の記事を御覧ください。

『魔女の宅急便 13歳のキキの性格と成長をトンボとの会話から考察』

『紅の豚』のジーナとフィオ

『紅の豚』の主人公ポルコは、作品のタイトル通り豚です。

豚ですが、独特の渋さを醸し出していて非常にユニークなキャラです。

さて、この作品ではそんなポルコを囲むようにヒロインが2人、ジーナとフィオがいます。

ジーナとフィオについては以下の記事を御覧ください。

『紅の豚のいい女ジーナとフィオ、ポルコはどちらと結婚するのか?』

『千と千尋の神隠し』の千尋

『千と千尋の神隠し』は主人公千尋が両親とともに神々の住む異世界に迷い込んだ所から始まります。

千尋は豚にされた両親を助けるべく、油屋で働くことになるわけです。

最初は苦労の連続ですが、だんだんと逞しく成長していく千尋の姿に励まされる人も多くいるでしょう。

千尋については以下の記事を御覧ください。

『宮崎駿が千尋を美少女に描かなかったのはなぜ?千と千尋の神隠し考察』

『正体は龍で琥珀川のハクへのセリフから分かる千尋の性格、それは?』

『風の谷のナウシカ』のクシャナ

『風の谷のナウシカ』の舞台は『日の七日間』と呼ばれる大戦争の後の汚染された世界です。

腐海という猛毒の菌類の森と底に住む巨大な蟲に怯えながら人々は生活をしています。

この作品の主人公はナウシカなのですが、僕はあえてクシャナについて書きました。

クシャナといったら、力ずくで物事を進めようとする人物だという悪いイメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし、その姿は映画版の中での話です。

『ナウシカ』には原作として漫画があるのですが、漫画の中でのクシャナは非常に魅力的なキャラクターなのです。

クシャナについては以下の記事を御覧ください。

『ナウシカ原作版のクシャナが部下から慕われる魅力と名セリフを紹介』

『となりのトトロ』のメイ

『となりのトトロ』は昭和30年代の日本を舞台としたストーリー。

この作品は日常の中にある、日常でない存在にスポットを当てているのが魅力的なところです。

それはトトロやネコバスといったお化けたちです。

そんなお化けたちと関わるのが主人公の姉妹、メイとサツキです。

サツキは小学6年生ですが、物凄くしっかりとした女の子。

メイは4歳ですが、たった一人で森の中まで入ってしまうほどの強い好奇心を持っています。

僕はメイにスポットをあてて記事を書いてきました。

メイについては以下の記事を御覧ください。

『となりのトトロの登場人物メイについてのまとめ』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする