タタリ神を生み出すもののけ姫エボシの凄さが内房線の事故で判明!

スタジオジブリ作品の『もののけ姫』のサブキャラクターであるエボシ。

このキャラクターはアシタカやサンといった主要キャラクターの活躍に隠れてしまいがちです。

出典元:楽天市場「もののけ姫 フィギュア エボシ御前/イメージコレクション/ジブリ/コミニカ

しかしエボシは実はすごい人物だと僕は思っています。

たった1人でタタラ場を動かし、女たちに慕われ、男たちを上手くまとめ、病気の人々も守り通す。

こんなこと、並大抵の人間では出来ない芸当でしょう。

しかし、それらの事以上にすごいのがイノシシたちとやりあってることです。

エボシは石火矢衆を引き連れ、イノシシの大群と戦います。

イノシシの長であるナゴの守りをタタリ神にしてしまったり、或いは乙事主を追い詰めたりと、イノシシたちに大打撃を与えます。

映画では詳細には描かれていませんでしたが、実はこれってそうとうすごいことなんですよ。

「イノシシと戦うってそんなにすごいことなの??」

このように思われる人もいるかもしれません。

ですが、これはすごいことです。

僕はニュースである事故を知り、エボシの凄さを再認識しました。

スポンサーリンク

内房線の事故

2015年の5月。

とある路線でハプニングが起こりました。

JR東日本によりますと、13日午後10時前、千葉県鋸南町で、JR内房線の下り列車が線路内に入り込んだイノシシと衝突しました。列車は急停車しましたが、乗客乗員約50人にけがはありませんでした。イノシシはその場から走り去ったということです。この事故で、列車はブレーキの一部が壊れ、約2時間にわたってストップしました。

出典元:テレ朝news、「急ブレーキも間に合わず 列車が衝突したのは…」(2015/05/14 17:03)

事故があったのはJR東日本の内房線です。

内房線とは千葉県の房総半島の西側を海沿いに通ってる路線です。

その内房線の電車にイノシシが衝突して電車を止めてしまったというわけです。

なかなか衝撃的な事故です。

イノシシの驚きの頑丈さ

しかし、僕が驚いたのは電車と衝突した直後イノシシが走り去ったということです。

「え?!イノシシ、なんで無事なの??」、という感じです。

しかも、負傷したのは電車の方です。

ブレーキが故障して2時間も動けなくなってしまったのですから・・・。

電車なんて鉄の塊です。

そうとう頑丈に作られています。

その文明の利器と衝突し他にも関わらず、イノシシはへっちゃらだったというわけです。

むしろ電車の方が怪我を負っているのです。

イノシシどんだけ頑丈なんだって感じです。

イノシシの強さを調べてみたら・・・・

僕は驚きのあまり、イノシシについてどのくらいすごい生物なのかを調べました。

すると、実はイノシシはとんでもなく危険でヤバイということが分かりました。

こちらのサイトでイノシシの凄さについて書かれていますが、なんとツキノワグマよりも危険みたいです。

走っている車と激突したら、車のほうがふっ飛ばされたというエピソードもあるようです。

顎の力だけで70キロの大岩を動かせるというとんでもない怪力を持っています。

なるほど、これほどすごいのなら電車なんて簡単に吹っ飛ばせそうです。

恐ろしや・・・・。

スポンサーリンク

エボシの凄さ

さて、いかがでしょうか?

イノシシはかなりヤバイのです。

このやばいイノシシ達を相手にエボシは戦ってきたのです。

ナゴの守りを追い詰めタタリ神にしてしまい、更に乙事主までも窮地に追い込みタタリ神になる所まで追い込みました。

イノシシの主を2頭もタタリ神化させてしまうエボシ。

こんなこと出来たのは『もののけ姫』の世界ではエボシくらいなものでしょう。

またイノシシは1匹だけではありません

大群で襲って来ます。

それらを倒さなければいけません

車をふっとばすほどのイノシシ。

70キロの大岩を動かす顎の力を持つイノシシ。

そんなものが、大群で襲ってくるのですよ。

普通だったら逃げたくなるでしょう。

しかしエボシは先頭を切って戦ってきているのです。

一瞬の判断ミスが命取りになります。

ですから命がけです。

サンを余裕で相手にするエボシ

エボシはタタラ場を襲撃しにきたサンを1人で相手にします。

サンはエボシには全く攻撃を当てることが出来ず、エボシは涼しい顔をして二刀流で相手にしていました。

サンは獣のような素早さを、そして人間離れした身のこなしをしますが、よくエボシは涼しい顔をして平気で相手にしていたなと僕は思っていました。

(個人的にサンの素早さは、僕はジブリ史上最速であると思っています。)

しかし、イノシシのヤバさを知ってからは「ああ、なるほどなあ」と思いましたよ。

いくらサンが人間離れしていると入っても、それでも人間であることには変わりません。

確かに素早さに関しては人間離れしていますが、それでも車を吹っ飛ばすイノシシに比べればサンなんて可愛いもんでしょう。

さすがのサンも車をふっ飛ばしたり、電車を故障させることは出来ないでしょうから。

イノシシの大群を先頭に立って相手をしてきたエボシにとっては、サンの相手をすることなど余裕だったのだということです。

さて、今回は内房線のイノシシニュースと『もののけ姫』を結びつけて記事を書いてきました。

『もののけ姫』関連の記事は今後も書いていく予定です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする