電車を乗り過ごした場合、戻るとき料金は払わないといけないの?

さて、あなたは電車の乗り過ごしは経験したことがありますか?

・ウトウトしていて気がついた時は降りる駅が過ぎていた・・・。

・ぼーっとしていて降りる駅が過ぎていた・・・。

・スマホに夢中になってて降りる駅が過ぎていた・・・。

・間違って急行に乗ってしまい降りる駅が過ぎていた・・・。

などなど、気がついた時に目的の駅を通り過ぎていた、というのは気をつけてないと簡単に起きてしまうこと。

乗り過ごしは大幅な時間ロスに見舞われるため、仕事前とかでは絶対にしたくないことでしょう。

ですが、乗り過ごしは時間ロスだけではなく気をつけなくては不正乗車扱いになることもあります・・。

今回は電車の乗り過ごしについて書いていきますね。

スポンサーリンク

「乗り過ごして、そのまま戻る」はダメ?!

さて、乗り過ごしは大幅の時間ロス!

一刻も早く反対側の電車に飛び乗りたいことでしょう・・・。

ですが、それをやってはマズイです!

というのも、基本的に鉄道は同一区間の重複は認められてないからです。

鉄道は基本的に一方向にしか乗ることが出来ません。

A駅からB駅まで行って、B駅からA駅まで戻った場合、

・A駅➡ ➡ ➡B駅の運賃

・B駅➡ ➡ ➡A駅の運賃

この両方の運賃が必要となります。

改札を出ようが出まいが、電車での移動距離の運賃は支払わなくてはならない決まりです。

「改札出ないから、いいやー!」というのは不正乗車になるのです。

基本的に同一区間を折り返しての乗車は運賃を支払わなくてはならないのです。

例えばAさんが渋谷から新宿まで山手線いくとします。

渋谷駅➡ ➡ ➡ ➡ 新宿駅(目的駅!!)

Aさんは渋谷から電車にのりますが、ぼーっとしていて気がついたら新宿を過ぎていました。

渋谷駅➡ ➡ ➡ ➡ 新宿駅(目的駅!!)➡ ➡ ➡ ・・・・・・・・・・・・・・新大久保駅     

Aさんは次の新大久保で降りて、反対側の電車に乗ることを考えます。

渋谷駅                          新宿駅(目的駅!!)・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ⬅ ⬅新大久保駅

新大久保駅で降りたAさんは、ちょうど反対ホームに止まっている電車に飛び乗ろうとします。

ここで飛び乗ってしまうとAさんは不正乗車したことになります!

不正乗車が発覚する場合もある・・

現実問題的に折り返し乗車の不正が発覚するケースは少ないですが、常習的に行っているとバレることもあるそうです。

正規運賃の数倍の罰金を支払うことになります。

不正乗車が発覚した場合、鉄道警察に捕まることもあります。

詐欺罪となりますのでご注意を!
⇓    ⇓    ⇓

不正乗車で捕まりました。今後連絡は来たりしませんか?また今後不都合はあるでしょうか?

情けないですが、駅員に嘘をつき不正乗車で捕まりました。
鉄道警察隊の事務所で調書や指紋をとられ
駅に乗車料金の3倍を支払い、初犯で未成年ではないからと一人で帰りました。

(中略)

また今回のことが詐欺罪だと言われましたが、今後まともな生活していく上で不都合なことや周りに知られてしまう可能性はあるでしょうか?

本当に反省してます。
これからは正規料金払おうと思います。

出典元:教えてgooより

まずは駅員さんに自己申告!運賃が無料になる場合がある!

さて、ではもし電車に乗り過ごした場合どうするのか?

その場合は、まず降りた駅で駅員さんに自己申告をします。

「すいません、、。〇〇駅で降りる予定がうっかり寝過ごしました。」という感じにです。

すると、だいたいの場合は誤乗扱いしてくれるそうです。

これはどこの鉄道会社でも、だいたいは誤乗にしてもらえるとのこと。

『誤乗』扱い人れば、乗り過ごしと折り返し分の運賃は支払わなくてすみます。

この事を『無賃送還』と言います。

なのでここは正直に申告しましょう!

定期券や回数券の場合、誤乗扱いされない??

JR東の場合、定期券や回数券の場合、過失であっても誤乗扱いにはならないとのこと。

つまり乗り過ごした分と折り返し分を支払わなくてはならないと言うことです。

なぜ扱いが違うのかは僕はよくわからないですが、定期券や回数券の場合は『無賃送還』出来ないというのがJR東の規則になっています。

ですが、駅員さんによってご厚意で見逃してくれる(誤乗扱い)場合もあるとのこと。

でも本当は規則違反なのです。

なので駅員さんご厚意で誤乗扱いしてくれた場合は、当たり前だと思わず深々と感謝しましょう。

スポンサーリンク

なるべく不審な行動はしないこと!

ただ、誤乗扱いと判断するのは担当した駅員の裁量です。

行動に不審さがある場合はご誤乗されないこともあるとのこと。

例えば、小田急線の新宿方面からから町田駅で降りる予定の人が乗り過ごし、次の相模大野駅で降りるとします。

駅員さんに申告し、誤乗が認められたとします。

その直後、すぐに反対方面の電車に乗らず、駅構内にある立ち食いそば屋に立ち寄ったら、これは誤乗扱いされないでしょう。

どういうことかというと、『この客は、相模大野の立ち食いそばを食べたいがために、わざと町田駅を乗り過ごしたな・・・』と疑われてもしょうがないからです。

誤乗が認められても、こういった余計な事はせず、さっさと目的駅に向かいましょう。

本当は不正乗車になる所を、誤乗扱いしてくれているということをお忘れなく!

また、あまりにも長距離の場合は誤乗扱いにならないと思われます。

例えば、上野東京ラインのような長距離列車で、東京駅から上野駅までいく予定が、居眠りをして気がついたら宇都宮だった・・・・みたいな場合は誤乗扱いにはならない可能性があるでしょう。

東京から栃木まで、無賃乗車していたことになりますから、これはいくらなんでも無理があるでしょう。

なので長距離の上野東京ラインとか湘南新宿ラインに乗る時は居眠りに要注意です。

いずれにせよ、乗り過ごしに気がついたらさっさと降りて駅員さんに事情を説明するのが確実です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする