千代田線直通の小田急線多摩急行!向ヶ丘遊園通過のトラップにご用心!

首都圏を走る鉄道の1つ、小田急電鉄。

前回は小田急電鉄に潜むトラップの1つ『快速急行トラップ』について書いてきました。

快速急行とは急行よりも速い、上位種別なのですが、これと急行を乗り間違えてしまうと大変なことになるということについて書いてきました。

その記事は『小田急線の快速急行に注意!トラップが発動し急行と間違える恐れあり』です。

このトラップは急行と乗り間違えることによるものですが、急行と間違うトラップは実はまだあります。

それは『多摩急行トラップ』と呼ばれるものです。

今回は小田急線のもう1つのトラップ『多摩急行トラップ』について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

多摩急行

小田急線には『多摩急行』という種別があります。

多摩急行の『多摩』とはなんぞや?という感じかもしれません。

『多摩』とは東京23区よりも西側の地域を指す言葉ですが、この場合は『多摩線』の事を意味しています。

多摩線は多摩ニュータウンのある多摩センターへと繋がっています。

小田急線は新宿と西へ進んで神奈川県に入りますが、新百合ヶ丘駅で線路が分かれます。

小田原方面へ向かう小田原線と多摩センター方面に向かう多摩線とです。

ですから多摩急行は小田原線の町田、本厚木、藤沢方面へは行かないです。

「もしや、新百合ヶ丘で乗り間違えてしまう人がいるのでは??

これが多摩急行トラップだな!」

そう思った人もいるかもしれませんが、これは多摩急行トラップではないです。

もう少しだけ、多摩急行について書きますね。

多摩急行はもう1つ特徴的役割があります。

小田急線の起点である新宿へは行かず、全ての電車が代々木上原から東京メトロ千代田線に直通するという特徴です。

東京メトロ千代田線は霞ヶ関や大手町といった都心の中心へと繋がっています。

つまり多摩急行は多摩ニュータウンと都心とをダイレクトに結ぶ役割を担っているのです。

簡単にまとめてしまうと、多摩線発の千代田線直通の急行として作られたのが多摩急行と言うことです。

(※後述しますが、最近では従来の急行も多摩線方面でと千代田線に直通する電車が登場したため、多摩急行と急行の差別化ができなくなっています。そのためより一層、多摩急行トラップの危険が増えたともいえます。)

急行とほとんど一緒、だけど・・・・・

さて、多摩急行は『千代田線直通の急行』ということでした。

基本的に停車駅は急行とほとんど同じと言って良いです。

この『ほとんど同じ』というのが非常に厄介なことなのです。

これが多摩急行トラップなのです。

急行と多摩急行の停車駅はほぼ同じですが、急行が停車するのに多摩急行が通過するという駅がたった1駅だけ存在します。

それは『向ヶ丘遊園駅』です。

気がついたら、向ヶ丘遊園を通過していた・・・。これが多摩急行トラップなのです。

スポンサーリンク

向ヶ丘遊園通過の罠!

さて、多摩急行トラップについてまとめてみます。

多摩急行は基本的に急行と停車駅はほぼ同じです

(本当は急行は経堂駅を時間帯によって通過するのですが、これについてはまた別の機会に書いていきます。)

しかし唯一、向ヶ丘遊園駅だけは多摩急行は通過します。

そのため、向ヶ丘遊園駅で降りようとした人が、「あれ、なんで停まらないんだ????・・・・・・しまった多摩急行、向ヶ丘遊園止まらないんだ!!!」という状態に陥ってしまうことがあります。

これが多摩急行トラップです。

アンサイクロペディアというサイトには次のように書かれています。

向ヶ丘遊園駅を通過する以外、停車駅は急行とまったく変わらないことから、この罠にひっかかる人が後を絶たない。 特に都心から来た場合、新百合ヶ丘まで強制的に連れて行かれ、人生の15分を無駄に費やすことになる。ひっかからなければ5分におさえることができる。

出典元:アンサイクロペディア「多摩急行トラップ」

多摩急行トラップの実態を非常に上手く言い当てていると思います。

僕もこれに引っかかったことがあるので、人生の15分間を無駄にしたという気持ちがよく分かります。

向ヶ丘遊園駅に用があり、都心方面から多摩急行に乗ったのですが、向ヶ丘遊園駅を眺めながら、「そうだった・・・・!、今乗ってるの、急行じゃなくて多摩急行だった!・・」となりました。

僕は鉄道好きで、路線図好きの人間です。

当然、多摩急行は向ヶ丘遊園駅を通過することを知っていましたし、多摩急行トラップの存在もしっていました。。

僕は「そんなもん、絶対に引っかかってやらないぞ!!」と思っていました。

ところが、見事にそれに引っかかってしまったのです

「そうか、、これが多摩急行トラップなんだな・・・」という感じで、向ヶ丘遊園を通過後に思ったのでした。

前回記事で書いた快速急行トラップよりも、こちらの方が引っかかりやすいと僕は感じています。

というのも、多摩急行のほうが停車駅の関係で、急行と雰囲気がさらに似ているからです。

多摩急行からは、いかにも急行っぽいオーラが漂っています。

油断していると、トラップに引っかかるかもしれません。

急行との差別化が出来なくなってきてる!!

上でも書きましたが、多摩急行は東京メトロ千代田線に乗り入れるという特徴があります。

この特徴は多摩急行の専売特許でありました。

しかし2016年3月下旬、小田急線ダイヤ改正により多摩急行の大半が急行に変更となりました。

つまり、急行も千代田線に乗り入れてくるようになったのです。

(正確には今までもごく僅かには乗り入れが存在していましたが、その本数は雀の涙程度でした。なので千代田線直通は多摩急行の専売特許だったと言って良いでしょう。)

多摩急行と急行の差は向ヶ丘遊園駅を停車するかしないかということとなったのです。(正確には経堂も含みますが、話がややこしいのでここでは触れません。)

こうなると、ますます多摩急行トラップにハマりやすくなるでしょう。

特に千代田線からの乗客は間違いやすくなると思います。

具体的に書いてみます。

(※今から書くのは話をわかりやすくするための例えの架空の話です。)

普段から千代田線の表参道から小田急線の向ケ丘遊園駅間を利用している人がいるとします。仮にAさんとします。

表参道駅の電光掲示板に『唐木田』の行き先が表示されていたらラッキーです。

小田急線に直通するからです。

その日も電光掲示板に『唐木田』と表示されていました。

「やった!小田急線、直通だ。乗り換えなくて済むぞ!」

そう思い、ホームにやって来た唐木田行きに乗ります。

しかし、向ヶ丘遊園で降りようとしたのに電車が停まりません。

「なぜだ!なぜ停まらないんだ!!!」

Aさんは2016年3月のダイヤ改正後から小田急線を使うようになったため、本数の少ない多摩急行の存在を知らなかったのです。

Aさんが普段利用していた唐木田行きは急行でした。

しかし、この日に乗った唐木田行きは多摩急行だったのです。

だから多摩急行の存在を知らずに乗ってしまい、結果、トラップにかかってしまうなんてことが起こりやすくなるでしょう。

さて、今回は多摩急行トラップについて書いてきました。

前回書いた快速急行トラップともども、うっかりしてるとハマる可能性のあるものです。

小田急線のトラップについては今後も書いていく予定です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする