存在しない学園を駅名としている西武池袋線『大泉学園駅』

東京の池袋から埼玉県飯能市までを結ぶ西武池袋線。

池袋を出発すると、所沢や入間市、飯能に向けてひたすら西へ西へと進んでいきます。

その途中で池袋線は練馬区を横断します。

『練馬駅』や『練馬高野台』と言った練馬を連想する駅があります。

そういったこともあり、僕は西武池袋線と聞くと練馬区を連想してしまいます。

スポンサーリンク

さて、練馬区は僕が好きな区にあたります。

その理由は23区内で最も西に存在しているからです。
そして埼玉県との県境が陸続きであることも魅力を感じます。

なぜ、そんなことで魅力を感じているのか?

僕は境目とか端といった概念が好きだからです。

例えば区や市の境目だったり、県境だったりですね。

路線バスだと会社の営業エリアの端っこギリギリの路線だったり、鉄道だと直通運転の鉄道会社の境目の駅(例えば都営地下鉄と京浜急行電鉄の泉岳寺駅なんかがそうですね)に惹きつけられます。

(この辺りのことについては、また別の機会に詳しく書いていきたいと思います。)

また練馬区に『石神井』(しゃくじい)という地区があるのですが、僕はこの石神井という名前が好きです。

なんというか、響きが良いんです。

何故か分かりませんが、石神井という響きを聞くと心が落ち着きます。

さて、僕が好きな練馬区を西武池袋線が横断しているわけですが、その練馬区の北西部に大泉学園駅という駅があります。

西武池袋線の中でも大き目の駅になりますので、ご存知の方も多いのではないかと思います。

大泉学園駅は西武鉄道の中でも利用客はかなり多い駅にあたります。

僕はこの駅や周辺の街の雰囲気が好きなので、たまに散歩目的で大泉学園駅に行くことがあります。

路線バスも充実していて、吉祥寺駅や阿佐ヶ谷方面、埼玉県の朝霞市や和光市方面など南北方向に充実しています。

ほとんどが西武バスですが、1系統だけ関東バスがあります。

緑色の車体の西武バスばかりのこの駅に、赤い車体の関東バスはかなり目立つ存在です。

さて、この大泉学園駅ですがこの駅名の由来はなんだと思いますか?

大泉学園駅というくらいだから、近くに大泉学園という学園があるからじゃないの?・・・と思うかもしれません。

しかし、駅の近くに大泉学園という学園はありません。

???

学園が無いのに、なんで学園と名のつく駅があるの?って感じです。

実は・・・

昔は駅近くに大泉学園はあったのだけど、その学園が移転してしまいました。

だけど、駅名はそのままなのです。・・・・

・・・と、言いたいところですがそういうことでもないのです。

そもそも大泉学園という学園は存在しません。

過去から現在まで、大泉学園が存在したことは一度もないのです。

(ちなみに大泉学園中学校や大泉学園小学校などがありますが、ここで付けられている大泉学園は大泉学園町という町名から付けられているもので、これらの中学校や小学校は練馬区立になります。)

ではなぜこの駅は大泉学園駅と呼ばれているのでしょうか?

以下にそれについて書いていきます。

スポンサーリンク

大泉学園駅の歴史

関東大震災によって大打撃を受けた東京都心部。

明治10年以降、都心の人口は年々増加傾向にあり、過密状態になりもうパンク寸前だったそうですが、その状態での大震災ですから深刻なダメージを都心に与えました。

そんな中で新たな住宅として人々が注目し始めたのが郊外です。

そうした人々の希望に応える形で民間業者たちが郊外に住宅を作りたくさん作り始めました。

さて、そうした動きの中で箱根土地という会社が

「そうだ!ドイツにある学園都市みたいな街を作ろう!郊外に大学を誘致して文化的な街を作るぞ!」

という感じで、郊外に学園都市を作るというアイディアを出しました。

さて、新たに作る学園都市として候補に上がったのは大泉村の北部です。

箱根土地は大学を誘致するにあたって、村の北部を整備しました。

道路の整備や水道、電気などを通し、公園や商店街などの土地を確保しました。

そして、箱根土地は大泉村北部を走っている武蔵野鉄道(現在の西武池袋線の前身)に『東大泉駅』を寄贈したのです。

そして街の整備が完了した後、東大泉駅を『大泉学園駅』に改称しました。

さて、街の整備が整い、あとは大学を呼び寄せれば学園都市の完成です。
箱根土地は東京商科大学(現在は一橋大学)を誘致する予定でした。

ところが誘致に失敗します。

なぜ誘致に失敗したのか詳しい理由ははっきりしていません。

聞くところによると東京商科大学側は「中央線沿線が良い」と言い出したとのことです。

結局、東京商科大学は誘致できず、また他の大学も名乗りをあげることなくその結果、学園が存在しないのに大泉学園駅という駅名がついたまま今に至るわけですね。

それにしても東大泉駅を大泉学園に改称するのは、大学の誘致に成功してからの方が良かったのではないかと思いますね。

絶対に東京商科大学を自信があったのかもしれませんね。

それでも大泉学園駅周辺は高級住宅地が並ぶ街として発展しました。

箱根土地の学園都市計画は決して無駄ではなかったと思います。

今回は大泉学園駅について書いてきました。

学園がないのに学園と名のつく不思議な駅という形で紹介しましたが、この駅以外にも鉄道の駅名には面白いものや不思議なものが結構あります。

今後はまた別の駅の紹介もしていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする