2020年東京オリンピック品川開発に伴うりんかい線の品川延伸?!

さて、前回の記事では2020年の東京オリンピックでの交通事情として、ゆりかもめについて書いてきました。

前回の記事は『2020年東京オリンピック交通問題!ゆりかもめ対策しないと大変!』です。

2020年東京オリンピックでは会場がいたるところに存在します。

そのうち水の競技を行う会場は東京ベイゾーンと呼ばれるエリアに集まる予定です。

東京ベイゾーンは東京の臨海地域に作られます。

その東京ベイゾーンの主要交通として考えられているのがゆりかもめということらしいですが、ゆりかもめでは輸送力が全然足りず大混乱になるということを前回の記事で書いてきました。

ゆりかもめだけでなくりんかい線も積極的に活用すべきだと言いました。

りんかい線の駅からだと会場がけっこう遠い所もあるようですが、歩く歩道とか作るなどして対策すべきだと僕は思いました。

ただ、とは言っても、りんかい線だけでもオリンピックの輸送力は全く足りないだろうと思われます。

ゆりかもめは殆ど役に立たないと考えるとして、りんかい線にオリンピック主要交通をすべて任せるのも無理があると思います。

ですから、りんかい線の他にも何らかの鉄道なり交通なりを用意しないとならないでしょう。

一応、都心と臨海地域を結ぶBRTという乗り物の計画があります。

BRTについてはこちらを御覧ください。

ただ、別の記事でも書こうと思いますが、豊洲問題の影響で築地市場が移転できないため道路が作れず、よってBRTも間に合うかわからないという状態らしいです。

どうにかしないと臨海地域は大変なことになるでしょう。

しかも現在はオリンピックの交通事情以前に、オリンピックの開催費用についてゴタゴタしています。

オリンピック開催費用について以下の記事を書きましたので、もし良かったらどうぞ。
⇓    ⇓    ⇓
『東京オリンピックの問題点!なぜ費用3兆円超えなのか理由が不明?』

『2020年東京オリンピックの問題点!費用の負担はどこから出す?』

はたしてどうなることやら、と言った感じです。

前置きが非常に長くなりました。

さて、輸送力が心配なりんかい線ですが、輸送力が賄えるかどうかとは別に僕はりんかい線に対して思うことがあります。

今回はそれについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

りんかい線は大崎と新木場を結ぶ。でも、、、

りんかい線は大崎駅と新木場駅を結んでいます。

終点の新木場と大崎駅を除いて全区間地下を走ります。

地下を走るのに、地下鉄という扱いではありません。

それはなぜなのか気になるところですが、今回はそこには触れません。(すぐに話しが脱線しそうになるのは僕の悪い癖です。)

ちなみにりんかい線は大崎駅からJR東日本埼京線に直通して大宮駅・川越駅まで行きます。

さて、ここからが本題です。

僕は思うに2020年のオリンピックにあたり、埼京線は大崎駅を起点にするのではなく品川駅を起点にしたほうが良いのではないかと思っています。

大崎の1つ手前の駅は大井町駅です。

大井町駅から京浜東北線沿いに北上し、品川駅へと向かわせるのです。

ちなみにりんかい線を品川まで繋げるというのはあくまで僕の想像です。

なぜ品川?

さて、なぜ僕がりんかい線を品川駅へつなげるなどと言っているか?

その理由の1つは品川開発です。

オリンピックに向けて品川駅及び品川駅近辺は大規模に開発される予定です。

その事については『新たに生まれ変わる品川 2020年東京オリンピック開発計画』の記事でも書いています。

品川駅の北側に13ヘクタールの敷地を用意し、そこにオフィスと商業施設の両方を含む複合ビルを開発する予定です。

国際交流の拠点としてビジネスと文化が生まれるまちづくりを目指しているとのことで、大規模な開発になるのです。

2020年までに暫定的に完成をするみたいです。

ということは、当然人も多く品川に集まるわけです。

であるからして、りんかい線は品川発にしたほうが利用客にとっても便利です。

品川にいる人が東京ベイゾーンに行く場合どうなるか。

まず京浜東北線に乗り大井町駅まで行きます。

そこで、大井町駅でりんかい線に乗り換える必要があります。

大井町駅でのりんかい線の乗り換えってかなり面倒です。

なぜなら、京浜東北線は地上を走っていてりんかい線は地下を走っています。

階段の昇り降りが面倒です。

また、品川から大井町までのたった一駅のために、わざわざ京浜東北線に乗るのも面倒だと感じることでしょう。

スポンサーリンク

直通運転をしないほうが良いから

さて、りんかい線の品川駅へつなげる理由のもう1つは、大崎からの埼京線乗り入れをしないほうが良いと僕は思うからです。

さて、どういうことか?

理由は単純です。

りんかい線は東京ベイゾーンの交通機関となります。

人がものすごくりんかい線に集中するはずです。

仮に上でも書いたBRTが開業したとしても、間違いなく混むはずです。

そうするとどうなるか?

ダイヤ道理に電車は動かないことでしょう。

大幅に遅れるはずです。

さて、そうなるとどうなるか?

乗り入れ先のJR東日本埼京線もダイヤ乱れが発生することになります。

埼京線が遅れると非常に厄介です。

なぜか?

埼京線は大崎と大宮を結ぶ路線ですが、大崎から池袋までは湘南新宿ラインと線路を共用しています。

つまり、埼京線のダイヤが乱れると必然的に湘南新宿ラインもダイヤ乱れが発生するわけです。

湘南新宿ラインは宇都宮線・高崎線・東海道線・横須賀線に直通していますから、湘南新宿ラインがダイヤ乱れすると、これらの路線も乱れます。

宇都宮線・高崎線・東海道線は上野東京ラインとつながっていて、そして横須賀線は総武快速線・内房線・外房線とつながっていますから・・・・・・・・・・・、以下同文。

さて、いかがでしょうか。

りんかい線は大崎から埼京線につながっているわけですが、このようにりんかい線のダイヤが狂うと、JR東日本各線が芋づる式にダイヤ乱れが発生するのです。

なにもオリンピックに限った話ではありませんが、特にオリンピック開催時は大変なことになる率が非常に高いと僕は思っています。

この問題は近年の直通過剰による弊害だと僕は思っています。

最近の東京の鉄道は何でもかんでも直通しすぎなのです。

直通すりゃ良いってもんじゃない!、と僕は思っています。

特にJR以外じゃ、副都心線然りです。

小竹向原駅がカオスですよ。

その様子がyoutubeに投稿されていました。
⇓    ⇓

さて、思いっきり話が脱線しました。

ですから、僕はりんかい線は大崎から埼京線に乗入をしないほうが良いと思っています。

まあ、乗り入れを廃止にする必要はないと思いますが・・・。

りんかい線を品川方面へと向かわせ、品川発の新木場行きにすれば、オリンピックによりりんかい線がダイヤ乱れを起こしても埼京線などへの影響はなくなるわけですから安心だと思われます。

大崎から埼京線方面はどうする?

さて、りんかい線を品川方面へと向かわせた場合、大井町と大崎間はどうなるのかという問題があります。

廃止にしたら、これまで利用していた人が困るでしょう。

そこで僕は考えました。

埼京線から直通を全て大井町止まりにしてしまうのです。

大宮方面の電車は全て大井町折り返しにしてしまい、大井町より先へ向かう人は品川発新木場行きに乗り換えるのです。

大井町駅を4線にしてしまい、そのうちの2線を折り返しようにするのです。

折り返し設備を作るのは手間がかかりますが、オリンピックで大混乱になるよりかずっと良いはずです。

さて、今回は僕の想像で色々と書いてしまいましたが、個人的にまあアリなんじゃないかと思います。

オリンピックの鉄道関連については、今後も書いていく予定です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする