豊洲問題のせいでオリンピックにまで悪影響?環状2号線が出来ないとかなりマズイ・・・・

ここ最近、ずっと豊洲市場問題でゴタゴタしていますね。

いったいいつになったら話が進むんだという感じで、見ていてもうどうしようもないなと僕は思っています。

しかし、早いところ築地から移転させないとまずい状況でもあります。

どうしてかというと、2020年東京オリンピックにも支障が出るからです。

今回はその事について書いていきます。

スポンサーリンク

築地市場に感環状2号線が通る予定!

豊洲問題とオリンピックがどう関係するのか?

それは交通インフラの問題です。

予定では築地市場を移転させた後、築地跡地に環状2号線という幹線道路を通す予定です。

環状2号線は既に虎ノ門から新橋、そして豊洲〜有明は開通しています。

築地移転の後、新橋から築地を通し、豊洲まで繋げる予定でした。

地図にするとこんな感じです!
⇓    ⇓

青い所は既に開通していて、赤い部分がまだ未開通(建設予定)の道路です。

赤いところが建設されないと都心部から臨海地区の有明まで繋がらないわけです。

築地移転がされないために、この赤い部分の工事が出来ないということで問題になっているわけですよ!

東京臨海地区の有明は、オリンピック水上競技の主要会場が集まる所。

環状2号線は東京都心から有明までをほぼ直線的にダイレクトに結ぶ非常に重要な幹線道路となる予定です。

しかし、豊洲問題で環状2号線の工事はい億劫に進んでいないと言うわけです。

さあ、どうしよう!、となっているわけですな・・・。

環状2号線にはBRTを走らす予定

さて、この環状2号線にはですね、BRTという乗り物を走らす予定です。

BRTというのは、まあ簡単に行ってしまえば大型のバスです。

『バス・ラピッド・トランジット』の略でBRT.

バスなのだけども電車みたいな感じです。
⇓    ⇓    ⇓

車両が普通のバスよりも長いので、大量輸送に適しています。

BRTの特徴は、バス専用の道路やバス専用レーンを走ること。

ようは電車とバスが混ざった感じの乗り物がBRTだという感じですね。

路面電車と似ている感じですが、BRTは高速運転が可能とのこと。

BRTの運行は京成バスと都営バスの共同運行となるそうです。

京成が臨海副都心までいくのだということに僕は意外性を感じています。

このBRTが都心と副都心を結ぶ交通機関となる予定なのです。

つまり、オリンピックの主要交通の1つなるのです。

予定では2019年から運行予定とのこと。

その予定なのですが、しかし、豊洲問題のせいで環状2号の工事が進まないため、果たして間に合うのかということなのです。

スポンサーリンク

環状2号線が出来ないと交通が混乱する・・・

さて、この環状2号線は、都心から晴海地区、有明地区をダイレクトに結ぶ道路になります。

晴海地区にはオリンピック選手村、有明地区はオリンピックの会場予定地です。

有明地区への交通ルートはゆりかもめがあります。

しかしゆりかもめは晴海地区へは行かないため、困ったなとなっているわけですね。

その事についてはこちらの記事で詳しく説明されてました。

ただ、そもそもゆりかもめは車両が小さすぎてオリンピックの主要交通としてまったく使いものにならないというのが僕の見解です。
⇓    ⇓    ⇓
2020年東京オリンピック交通問題!ゆりかもめ対策しないと大変!

ゆりかもめは車両が小さいだけでなく、路線的にもグネグネ曲がって遠回り、更にスピードも遅く、特に混雑時にはストレスになる。

オリンピックの主要交通としては、もっとダイレクトに直線的に目的地まで素早く結ぶ交通が必要なはず。

環状2号線を結ぶBRTは、その点は理想的だと僕は感じます。

BRTがあるのとないのとでは、天と地の差があることでしょう。

ただ、あくまで僕の予想ですが、正直BRTだけでもオリンピック交通としてまかないきれるか疑問です。

あともう1つほどBRT的な交通手段があれば違うと思います。

オリンピック時の有明地区への主要交通は環状2号線のBRT、と りんかい線の2つになるでしょう。

先ほども書いたとおり、ゆりかもめは全く使い物にならないので、あと1つでも有明地区へダイレクトに結ぶ交通があれば、だいぶまともになるというのが僕の考えです。

ただ、そんなことよりも豊洲問題がゴタゴタしすぎていて、そもそも環状2号線の工事が間に合うのかどうかも定かではないのです。

あと3年しかないのです。

果たして間に合うのか??、という状態です。

ただでさえ、東京オリンピックは問題点が多いです。

会場問題だったり費用の問題だったりです。
⇓    ⇓    ⇓
2020東京オリンピックのボート会場の問題点!結局 海の森に!

2020年東京オリンピックの問題点!費用の負担はどこから出す?

これらに加え、豊洲問題まで絡んできているのです。

なぜこうも次から次へと重なるのでしょう。

悪いことは重なるといいますが、まさに泣きっ面に蜂とはこのことではないかという感じです。

オリンピックまであと3年。

東京都は様々な問題点を抱えていて、この先どうなるのかが心配になるところです・・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする