2020年東京オリンピック交通問題!ゆりかもめ対策しないと大変!

2020年に開催の東京オリンピック。

世界のスポーツの祭典、オリンピックが日本で、東京で開催!ということで、当初は盛り上げっていたものの、最近ではその雲行きも怪しくなりつつありますね。

オリンピック関連の問題としてまず莫大な予算オーバーです。

当初の予定では7340億円の開催費用だったところ、今では3兆円超えるということです。

ちなみにオリンピックは都が誘致しているので都民の税金が使われますから、不満の声が上がっています。

他にも治安悪化の懸念や、経済効果は期待無しといった声も上がっていますね。

様々な問題の中で、僕が気になっているのは交通問題です。

以前『東京がオリンピック会場になることで交通が大混乱!』の記事でも書きましたが、すでに過密な都心でオリンピック開催は、鉄道路線が大変なことになるのではないかと僕は思うのです。

さて、それと関連しているのですが、僕はオリンピックでゆりかもめは大丈夫だろうかという心配もしています

今回はそれについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゆりかもめの周辺にオリンピック施設が!

ゆりかもめはお台場など湾岸地域を走る交通システムです。

常に高いところを走っていて、見晴らしが良く前面展望は素晴らしいです。

鉄道っぽいですが、鉄道とはちょっと違うのです。

まあ、その辺りについてはまた別の記事でも書こうと思います。

さて、東京オリンピックはいくつかのエリアに分かれて会場が点在する予定ですが、そのうちの東京ベイゾーンと呼ばれるエリアは湾岸地区に会場が作られます。

このベイゾーンの多くの会場はゆりかもめ周辺に出来るのです。

ですからゆりかもめはオリンピックのアクセス路線として期待されているようです。

ゆりかもめが選手村へ延伸予定!

現在ゆりかもめは新橋から豊洲までを結んでいます。

豊洲というと、現在土地汚染問題で話題になっているところですね。

ところでその終点豊洲から勝どきまでを延伸する計画があります。

勝どきというとオリンピックの選手村の予定の場所ですよね。

この延伸計画は、東京でのオリンピック開催前から計画には上がっていたようですが、オリンピック開催が決定し、しかも勝どきが選手村建設予定となったため、この延伸計画が注目されているようです。

ゆりかもめを延伸することで、選手村へもアクセスでき更に東京ベイゾーンの会場も現行のゆりかもめの路線の周辺に出来るわけですから、ゆりかもめはオリンピックの重要な交通経路として期待が高まっているそうなのです。

しかし僕は思うのです。

「ゆりかもめをオリンピックのための主要交通としてしまって大丈夫なの??」と。

なぜ僕がそのように思うのか、以下に書いていきます。

積み残し発生しないか?

ゆりかもめというのは、電車ではありません。

我々が普段利用している電車の車両よりもずっと小さいです。

車両が小さいため車内が狭く、ちょっと人が集まればすぐに混雑してしまうのです。

オリンピック会場がゆりかもめ沿線に多数存在するということは、みんなゆりうかもめに密集してしまうことを意味します。

大丈夫なのでしょうか・・。

こちらのサイトでもゆりかもめの狭さについて書かれています。

座席につめて座るのにも非常にストレスがたまる構造です。

オリンピックで多くの人々が移動するのにはたして適しているのか正直疑問です。

僕は乗客の乗客の積み残しが起こるのでは?、と僕は思うのです。

積み残しが起こるということは、ゆりかもめに乗れない乗客がホームに溢れるということです。

始発駅ならまだ良いとしても、会場から新橋駅に戻りたい場合、他の会場から乗ってきた乗客で車両が満員で、満員乗車不可なんて事も起こるだろうと僕は思います。

駅のホームは人で溢れかえるでしょうし、駅からも溢れ出て外で行列を作ることにもなるのではないかと思います。

スポンサーリンク

駅で混乱が生じないか?

さて、駅から溢れて待たされる人々。

人々はじっと待っていられるでしょうか?

夏の暑い中、混雑しているところで待たなければなりません。

少なからず混乱が生じるのではないでしょうか?

「なぜ乗れない!こんなに待ってるのに!」

そんな声が1人2人ではなく、一斉に上がったらどう対処すれば良いのでしょう。

また、ゆりかもめは自動運転です。

ロボットのように自動で動いて自動で扉を開き人を乗せています。

つまり運転士も車掌もいません。

無人運転です。

仮に車内でトラブルがあっても車掌も運転士もいませんから、対処できません。

そんな所に大量の人々が詰め込まれた状態で運転されてるのは、なんだかちょっと怖いと僕は感じるのです。

まとめ

とまあ、このような理由から僕はオリンピックのアクセスとしてのゆりかもめの存在を「大丈夫か?」と思ってしまうのです。

お台場地区にはりんかい線も通っています。

りんかい線の駅からは各会場へは多少歩くことになりますが、ゆりかもめだけでなくりんかい線への分散もせめて視野に入れても良いかなと思いますね。

りんかい線のほうが車両も大きく編成も長く、輸送力は上ですし。

りんかい線の駅から会場へは遠いですからかなり歩きます。

それを如何に対応するかを考えたほうが良いかもしれません。

例えば、駅から会場まで歩く歩道を作るとかが良いのではないかと思います。

このような事は口で言うのは簡単ですが考えるのは大変だというのは分かります。

それでも、ゆりかもめを主要アクセスとして考えるのよりは良いと僕は思うのです。

今回はオリンピックにおけるゆりかもめについての僕の思いでした。

東京オリンピックでにおけるりんかい線について僕の考えを記事に書きました。
良かったらご覧くださいませ。
⇓    ⇓    ⇓
『2020年東京オリンピック品川開発に伴うりんかい線の品川延伸?!』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする