笑ってしまう列車の遅延理由!強風で吹き飛ばされた車掌のメガネ!?

前回の記事では常磐線各駅停車(常磐緩行線)がとある理由で遅延したことについて記事を書いてきました。

そのとある理由とは『車掌室の鍵が開かず車掌が電車に乗れず遅延する』というものでした。

車掌さんが電車に乗れず遅延ってどういうこと?という感じだと思います。

気になる方はぜひ下の記事をそれぞれ読んでみてください。
↓↓
『電車が遅延したあり得ない理由、車掌が電車に入れず大混乱!①』

『電車が遅延したあり得ない理由、車掌が電車に入れず大混乱!②』

日本の鉄道が非常に優れている点は時間通りに電車が運行されることです。

日本人にとって見れば「そんなの当たり前、普通じゃんか」と思うことでしょうが、世界的に見ればすごい事なのです。

なので私達日本人は鉄道に対しての見方はシビアなところが大いにあるでしょう。
いくら時間通り運行される鉄道でも、ラッシュ時間帯はどうしても1、2分は遅れることがあります。

ラッシュ時間帯の混雑はとてつもないです。

あれだけ人がウジャウジャいて混んでるのに、逆によく1、2分程度の遅れで済んでいるなと僕なんかは思ってしまいます。

しかし、その1、2分の遅れでも「時間通りに電車が動かなかった」という不満の声が出るわけですから、日本は鉄道に対してはシビアな国だと思います。

ちなみにシビアなのは悪いとは思いません。

シビアだからこそ日本の鉄道は世界に誇れるほどの正確さが達成できているわけですから。

日本の鉄道の正確さは、鉄道に対してシビアな国民に応えるべくして成し遂げた努力の賜物なんだろうなと僕は思うわけです。
しかし、そんな日本の鉄道でも電車が遅れることはあります。

事故だったり、天候だったり様々な理由で遅れることはあるでしょう。

しかし中には前回取り上げたような鉄道会社のミスで起きる電車の遅延だったり運休だったりも起こります。

『車掌室の鍵が開かず車掌が電車に乗れず遅延する』なんて出来事、時間通り動くことが当たり前とされている日本の鉄道でこんなことが起こるのかという感じです。

毎日時間通りにせかせかと忙しく動く鉄道の中で、このような出来事があるというのは、逆にほっこりとする気分にもさせられますね。

もちろん、その時、常磐線各駅停車を利用していた人達からしたら「冗談じゃない!」と思ったことでしょうが・・・・・。

さて、前置きが長くなりましたが今回も、ちょっと変わった鉄道の遅延理由について書いていきたいと思います。

今回取り上げるのはJR東日本の只見線の遅延理由についてです。

スポンサーリンク

車掌のメガネが吹き飛ばされ電車が遅延

JR東日本の只見線は福島県を走る路線です。

非常に美しい景観を持つ只見線は季節ごとに様々な表情を乗客に見せてくれる素晴らしい路線になります。

鉄道ファンからは秘境路線として人気がある路線になります。

ちなみに只見線を走る車両は電車ではなく気動車です。

見た目はほとんど同じですが電車と気動車は原理が違います。(気動車に関してはこちらの記事で書いています。)

なので、この記事では只見線を電車ではなく「列車」と呼びます。

さて、とても美しい景色を持つ只見線ですが、面白い理由で列車が遅延しました。

その理由は、車掌さんのメガネが強風で吹き飛ばされたことによる列車の遅れ、というものです。

「メガネが吹き飛ばされて、列車が遅れるってどういうこと?」
という感じでしょう。

なんともおマヌケな感じのする列車遅延理由です。
このメガネ吹き飛ばされ事件が起こったのは今年(2016年)の3月6日、わりと最近の出来事です。

会津若松市にある七日町駅で車掌さんが窓を開けたところ、タイミング悪く強風が車掌さんの顔に直撃し、メガネがふっとばされました。

メガネを探すが見つからず・・・・

七日町駅でメガネが吹き飛ばされた車掌さんは、すぐさまメガネの捜索をしたようです。

僕の予想では運転士さんもメガネ捜索に加わったことでしょう。
(ちなみに七日町駅は無人駅のため駅員さんはいません。なのでたった2人だけでの捜索だったのでしょう)

しかし、いくら探してもメガネは見つかりません。
「どうしよう・・・・・・。」

車掌さんはきっとそう思ったことでしょう。

メガネが見つからなければ、列車の運行業務を行うことは出来ません。

「メガネごときで列車が止まるのかい・・」

そのように思う人もいるかもしれませんが、車掌さんの業務は乗客用のドアの開け閉めを行うとき、そして列車発車に際して、ホームの安全確認をものすごく慎重に行います。
こちらの記事で詳しく書いています

メガネ無しでこれらの業務は無理でしょう。

というかメガネ無しで行ったら、それこそ大問題になるでしょう。

スポンサーリンク

結局代わりの車掌が業務を引き継ぐことに

いくら探しても車掌さんのメガネが見つかりません。

このままでは列車が動きません。

結局、メガネは諦めて、別の車掌さんが列車の運行業務を引き継ぐことになりました。

列車停止から約1時間後に、その代わりの車掌さんが七日町駅へ到着し、列車はその後運行されたようです。

上下線ともに列車がストップしていたでしょうから、代わりの車掌さんは恐らくタクシーで七日町駅へ駆けつけたのでしょう。

メガネが吹き飛ばされてという、なんとも面白い事件でしたが、1時間も列車がストップしてしまったわけですから、中々大変な騒ぎとなってしまいました。

車掌のメガネが発見される

さて、このメガネ吹き飛ばされ事件の翌日に、なんと車掌さんのメガネが発見されたとのことです。

線路脇に落ちていたそうです。

「どうせ見つかるのだったらもっと早くに見つかって欲しかった・・・」
と車掌さんは思ったことでしょう。

メガネの見つかるタイミングが、なんというか皮肉めいたものを感じますね。

まあ、それでもメガネが見つかったことは良かったことです。

なぜなら、メガネが見つからなければ車掌の業務が出来ませんし、新しくメガネを作るのも色々と大変です。

新しいメガネに目がなれるのにも時間はかかりますから。

さて、次回の記事でもメガネ吹き飛ばされ事件についてもう少し書いていこうと思います。
続きはこちらです

鉄道関係の笑えるハプニングに関しては以下の記事を御覧ください。

『思わず笑ってしまう電車の面白い遅延理由やハプニングな出来事まとめ』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする