千と千尋の神隠し トンネルの先の「不思議」を感じられる街

今回は『千と千尋の神隠し』(以下、『千と千尋』と記します)について書いていきたいと思います。

これまで書いてきた『千と千尋の神隠し』の記事は以下からどうぞ。
⇓    ⇓    ⇓
『ジブリ総選挙で1位獲得!興行収入1位の千と千尋の神隠しまとめ』

千と千尋は、スタジオジブリの宮崎駿監督の作品です。

2001年に公開されたこの映画は、日本歴代興行収入で第1位の業績を残している大人気の作品です。

出典元:楽天市場「千と千尋の神隠し [ 柊瑠美 ]

この千と千尋ですが、10歳の少女・千尋が日常から離れた世界に迷い込み、そこで起こる様々な困難を知恵や勇気を振り絞り乗り越えていきながら千尋は飛躍的に成長し、また元の日常に戻っていくことを描いた作品です。

主人公の千尋は、何か特別な能力があるヒーローではなく、ごくありふれた普通の10歳の少女というのが特長です。

そんな普通の少女の千尋は、迷い込んだ世界で『油屋』と呼ばれる湯屋で働くことになるわけですが、不安や恐怖に負けず、豚にされた両親を救うため、恐ろしい湯婆婆を相手に「ここで働きます」と宣言するわけです。

日常からかけ離れた世界で、10歳の少女が不安に押しつぶされそうになりながらも、それでもなお健気に頑張る姿に心打たれた人も多くいたことかと思います。

スポンサーリンク

千尋が不思議の街に来てしまったきっかけ

ところで千尋はなぜこの不思議の街へ入り込んでしまったのか?

そのきっかけについて思い返してみます。

映画の冒頭では千尋は引っ越しのため、家族三人で車で移動していました。

その途中、森の中でとあるトンネルを発見しました。

千尋の父はそのトンネルに興味津々で中に入ろうとします。

千尋は「やめたほうが良い」と制止したにもかかわらず、父そして母までもがトンネルの中に入っていきます。

仕方なく千尋も父・母についていくわけです。

トンネルを抜けるとそこは不思議の街でした。

その不思議の街は、人っ子一人いません。

不思議というか不気味です。

そんな街の中で千尋の父・母は、美味しそうな食べ物を見つけます。

そして、信じられないことに両親は勝手にその料理を食べ始めます・・・・。

しかしその料理は、実は神様への料理だったわけです。

神様への料理を勝手に食べた千尋の両親は罰として豚にされてしまい、結果として千尋は見ず知らずの世界でたった一人で生きていかねばならないことになるわけです。

千と千尋の神隠し 冒頭部分で感じたこと

さて、ここまでの流れはストーリーの冒頭部分にあたるわけです。

いきなり、何も知らない世界に放り込まれてしまった千尋。

千尋にとってはこの上ない災難であると言えます。

しかし彼女には落ち度はないでしょう。

その原因を作ったのは千尋の両親であることは間違いありません

千尋の災難は、両親の好奇心や欲によるとばっちりがきっかけとも言えます。

千尋の両親は、千尋の制止にも耳を貸さず、トンネルをくぐっていき、そして勝手に料理に手をつけたわけです。

その結果、千尋は大変な思いをするわけですから、完全なとばっちりです。

しかし、千尋の両親のような行動は、我々も日常生活の中で行っていることだと思います。

「まあ、これくらい大丈夫だろう・・・」

そう思いながらも後で後悔する・・・。

事の大・小は置いておくとしても、日常生活でも起こっている思います。

例えば、信号無視をするとか、夜の自転車の無灯火運転とか、電車の駆け込み乗車とか・・・・色々とあると思います。

上に挙げた例は、「まあ、これくらい大丈夫だろう・・・」という気の緩みからの行動だと思います。(かくいう僕もたまに駆け込み乗車はすることがあります。)

しかしどれも事故につながる危険があるわけです。

もっとひどい例としては、飲酒運転なんてのがありますね。

お酒の誘惑に負けて
「まあ、ちょっとくらい大丈夫だろう・・」
と甘く見て、その結果取り返しのつかない事故を起こしてしまった・・、なんて話です。

千と千尋の冒頭部分は、こうした「まあ、ちょっとくらい大丈夫だろう・・」からくる人間の行動を象徴しているのではないかと思えてしまいます。

この映画の面白い点として「まあ、ちょっとくらい大丈夫だろう・・」というのを大の大人がやってしまっている点です。

しかも、子供である千尋にそれらの行為を制されているわけです。

普通だったら、大人と子供が立場的に逆ではないかと思います。

『子供がトンネルに興味を持ち、大人の制止を聞かず入り込む。また、大人の制止を聞かずに勝手に料理を食べてしまう。』

という感じだと思います。

ところが千と千尋ではそうではないのですから、面白いです。

宮崎監督のユーモアの表れと僕は思います。

『大人といえども、完璧ではないものだ』ということを表現したかったのかなと僕は思いました。

スポンサーリンク

千と千尋の神隠しのモデル

ところで、千と千尋のモデルとなった舞台はどこだろうか?

千と千尋のファンの間では台湾の九份(ジォウフェン)ではないかと噂されていました。

九份
出典:「www.flickr.com」

古い建物が中心で、提灯の柔らかい光が独特な雰囲気を醸し出しているこの街は、確かに千と千尋に出てくる油屋を連想できます。

ところが、宮崎監督はこれを否定しているようです。

モデルは日本にあるとのこと。

宮崎監督曰く、ある特定の場所のモデルは存在せず、様々な場所を参考にしたそうです。

江戸東京たてもの園、目黒雅叙園、有楽町ガード下飲み屋街などが代表的な参考場所らしいですね。

さて、ここから僕のかなり個人的な感想というか感じていることを書いていきます。

千と千尋のストーリー冒頭、千尋たち家族はトンネルを抜け、不思議な街にたどり着くわけです。

その時の街の様子は人っ子一人いない状態です。

夜になるとかなり賑やかになりますが、この時はシーンとしています。

建物や道は普通にあるのに、人気がまったくないわけです。

かなり異質で奇妙な雰囲気ではないかと思います。

実は東京都稲城市のとある場所で、この雰囲気を味わえる場所があります。(あくまで僕がそう感じるだけですが・・・)

東京都 稲城市に存在する千と千尋の不思議の街を連想する場所

さて、東京都稲城市にある不思議の街を連想する場所ですが、上平尾地区と小田良土地区がそれにあたります。

それらの場所は現在区画整理中の場所なのです。

東京都稲城市は多摩丘陵を含みます。

多摩丘陵は平成狸合戦ぽんぽこの舞台で、ニュータウン計画で開発されていった場所です。

ぽんぽこの作中で、その様子が描かれています。

多摩丘陵の中でも、ニュータウン計画で開発されていない場所もありました。

東京都稲城市の上平尾地区と小田良土地区がそうでした。

数年前より、稲城市は上平尾地区と小田良土地区の開発へ動き出したのでした。

上平尾・小田良地区は小田急小田原線の新百合ケ丘駅と小田急多摩線の栗平駅、京王相模原線の若葉台駅の間に位置しています。

その場所は、僕にとってはまさにトンネルを抜けた直後のシーンを連想してしまう場所なのです。

もともと何もなかったところに新たに道路や家を作っていますから、人は誰もいません。

上平尾区画整理
出典:「www.a-koiso.com」

ちなみにここは立ち入り禁止ではないです。
入って普通に歩くことができます。

千と千尋みたいに、入ったからといって大変な目に合うことはないです。(と言っても、まだ工事中の場所もありますから、そうしたところは立ち入れません。柵などあるところは入ってはいけないです。)

道路があって建物もあるのに人が誰もいないので、ちょっと気味が悪いですが、まさにその雰囲気が千と千尋のトンネルを抜けた直後のシーンを連想してしまうわけです。
(建物は分譲中らしいです。)

なのでやや不気味ではあるものの少しワクワクする気持ちもありました。

面白いことに、この区画整理中の場所になぜか路線バスが走っています。

小田急小田原線の新百合ケ丘駅のバスターミナル5番乗り場から出ている『上平尾区画整理行き』のバスです。

なぜ誰もいないこの場所にバスを走らせているのかナゾです。

5番乗り場から出ているバスは、ほとんどが『平尾団地』というところを通りますが、『上平尾区画整理行き』は平尾団地を通りません。

僕がこのバスに乗ろうとした時、運転手さんに
「平尾団地には行かないですが、大丈夫ですか?区画整理行きですよ?」
とわざわざ確認されました。

おそらく団地に行きたくて間違えて区画整理行きに乗ってしまうお客さんが多いのでしょう。

であればなおさら、なんでこんな路線を走らせているのかナゾです。

さて、終点の上平尾区画整理バス停に到着し降りると、そこは誰もいない街が広がっています。

『バスを降りるとそこは不思議の街でした』・・・状態です。

まさに『トンネルを抜けるとそこは不思議の街でした』を連想する感じです。

この場所もあと数年経てば開発が終了するでしょうから、そしたら普通に人が住み始め、普通の街に変わることでしょう。

もしこの奇妙な雰囲気を味わうには今のうちですね。

稲城市にはもう一箇所、千と千尋を連想できる場所があります。

それについては、また次の記事で書いていきたいと思います。
続きはこちらです

『千と千尋の神隠し』の他の記事は以下から御覧ください。
⇓    ⇓    ⇓
『ジブリ総選挙で1位獲得!興行収入1位の千と千尋の神隠しまとめ』

他のスタジオジブリ作品については以下のバナーからどうぞ。

⇓   ⇓   ⇓

%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする