5月1日発の四季島の2泊3日コースのダイヤ情報をザックリとまとめてみました!

さて、注目の豪華列車『四季島』。

本日(5月1日)より運行開始ですね!

始発の上野駅にたくさんの撮り鉄達が集まりましたが、残念がら四季島の乗客と乗務員、取材陣以外はホームからシャットアウトされてしまったようです。

その事についてツイッター上で嘆き悲しむ声が溢れています。

しかし、僕はそれは致し方ないことだと思っています。

というのも鉄道はオタクのために走っているわけではないのですから・・・・。

あくまでも乗客優先であるJR東日本の姿勢は至極真っ当なものだと感じています。

さてさて、本日より運行されている四季島ですが、コースで言うと『3泊4日コース/春〜秋』となります。

このコースについては下の記事で詳しく書きました。

⇓    ⇓    ⇓
四季島 5月1日からの運行路線ルート詳細!値段はバカ高い!!

上の記事では、主に『3泊4日コース/春〜秋』運行ルートについて書いています。

地図を使って解説しています!

今回のこの記事では『3泊4日コース/春〜秋』のダイヤ情報について載せていきますね。

スポンサーリンク

『3泊4日コース/春〜秋』のダイヤ情報

それではダイヤについてザックリとまとめていきます!

発着駅及び発着時刻について以下に書いていきます。

1日目

上野 (11:40発)⇒⇒日光(14:10着)
   
日光(17:00発)⇒⇒(車内泊)⇒⇒⇒⇒

2日目

⇒⇒函館(6:20着)
 
函館(12:20発)⇒⇒伊達紋別(15:20着)⇒⇒登別(16:10着)

3日目

東室蘭(10:00発)⇒⇒洞爺(1:00発)⇒⇒新函館北斗駅(13:20)

新函館北斗駅から、コースが以下の2つに分かれる。

・縄文コース

・五能線コース

縄文コース

新函館北斗駅よりそのまま四季島に乗車

新函館北斗駅(13:20発)⇒⇒青森(16:40着)
     
青森(21:10発)⇒⇒弘前

五能線コース
新函館北斗駅より北海道新幹線に乗り換え

新函館北斗⇒⇒新青森(14:40着)
   
新青森駅よりバスに乗り換え、五所川原駅まで向かう。
   
五所川原駅よりリゾートしらかみ号に乗車する。

五所川原(16:50発)⇒⇒弘前(21:30着)

弘前駅で2コースが合流する。

弘前(22:20発)⇒⇒(車内泊)⇒⇒⇒

4日目

⇒⇒鶴岡(5:20着)

鶴岡(5:30発)⇒⇒あつみ温泉(6:00着)

あつみ温泉(7:30発)⇒⇒新津(9:30着)

東三条(12:30発)⇒⇒上野(17:20着)

以上、『3泊4日コース/春〜秋』の大まかなダイヤ情報でした!

四季島の写真撮影などの参考にしてもらえれば幸いです。

今後も四季島についてまた書いてくと思います

四季島についての他の記事は、こちらからどうぞ!
⇓    ⇓    ⇓
豪華寝台列車『四季島』って何?誰が乗るの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする