四季島2泊3日コース運行路線ルートの詳細!値段はバカ高い!!

2017年度は鉄道関係で色々な動きがありますね。

西武線・副都心線で座席指定列車の登場、小田急ロマンスカーのEXEがリニューアルされEXEaとして運行予定、東京メトロで銀座線01系の引退や日比谷線の新型車両の登場、東武鉄道でのSL運行開始、JR西日本での寝台特急トワイライトエクスプレス瑞風の登場、、、などなど、色々とあります。

さて、そんな中でも注目度の高い列車の一つが、JR東日本のクルーズトレイン『四季島』です。

各地でニュースになっていますから聞いたことがある方もいらっしゃることでしょう。

それでは、以下より『四季島』について紹介します!

スポンサーリンク

JR東日本の周遊列車、『四季島』とは?

さて、それでは『四季島』について概要を書きますね。

『四季島』は正式名称は『TRAIN SUITE 四季島』です。

上にも書きましたが、JR東日本が運行するクルーズトレインです。

クルーズトレインとは周遊型豪華寝台列車のことです。

つまり列車の中で寝泊まりしながら各地色々な所を周ることが出来るというものです。

豪華客船というのがありますよね。

船でゆったりと旅をする、そしてそのゆったりした時間を楽しむというもの。

クルーズトレインは豪華客船の列車版として考えても良いのです。

『四季島』とは列車に乗りながら旅を楽しむクルーズトレインということです。

JR東日本の『四季島』のページには次のような言葉がありました。

色濃く変わる四季のうつろいと、今までにない体験や発見を通じて、まだ知らないということがあったという幸福を実感していただきたい。

出典元:『四季島』公式ぺーじより

日光や北海道など、列車から下車して観光いただく土地には、実際にすべてのトレインクルーが訪れていますが、地元の皆さまとのふれあいや、そこで経験し感動したことをお客さまにお伝えしたいと考えています。
たとえばお食事でお出しする野菜について、生産者の方からうかがった話をお伝えする等、「TRAIN SUITE 四季島」ならではの旅の醍醐味を作っていきたいですね。

出典元:『四季島』公式ページより

列車の旅を通し、日本の四季の美しさ、そして各地域に根付く文化や習慣との交流を存分に味わえることをかなり意識しているようです。

後にも書きますが、『四季島』の乗車運賃はメチャクチャ高いです。

なんせ一番高いコースで100万近くするのですから・・。

100万ですよ、100万!!

ヤバくないですか?

海外旅行いけちゃいます(笑)

「いくら豪華列車とはいえ、日本国内、しかも東日本エリアのみで、こんな異常に高いのはおかしくないか??」と仰る方もいらっしゃることでしょう。

一体誰がこんなバカ高い列車に好き好んで乗るのだろうか?・・・という感じです。

ですが、不思議な事にこの四季島は予約が殺到しています。

3泊4日コースの最高級客室「四季島スイート」95万円の倍率は76倍!!

おかしい、絶対におかしい!

なぜ、こんなバカ高い金を払えるのだ、列車の旅に・・・・・。

正気の沙汰ではない、きっと鉄道オタクが乗るに違いない!・・・・・、と思ったことでしょう。

しかしですね、鉄ヲタは恐らく申し込んでないと僕は考えています。

その理由については、下の記事に書きました!良かったらご覧ください!
⇓    ⇓    ⇓
高すぎる!四季島や瑞風は値段が高いのになぜ人気なのか?

5月1日から運行の四季島!コース名は『3泊4日コース/春〜秋』!

さて『四季島』は特別列車ですから、いつでも運行されているわけではございません。

運行する日程とコースが決まっています。

しかしこのコースが色々とあって分かりにくいのです。

大変失礼ながら『四季島』の公式ページは少々見にくものでして、何がどれなのかが分かりにくいのが欠点かと思います。

今回は5月1日より運行開始の『3泊4日コース/春〜秋』について、四季島がどこを走るのかを、路線ルート的に紹介していこうと思います。

さて、この『3泊4日コース/春〜秋』。

『春〜秋』となっているのですが、なぜか運行されるのは5月、6月のみとなっています。

運行日(出発日)は以下の通り。
⇓    ⇓    ⇓
5月1日、15日、29日、6月5日、12日、19日、26日

おいおい、どこが春〜秋だよ、春だけじゃん!という感じです。

なぜこのコースの名前が「3泊4日コース/春〜秋」となっているのか謎です。

まあ、それはとりあえず置いておきましょう(笑)

スポンサーリンク

『3泊4日コース/春〜秋』の運行ルートをご紹介!

ここからは『3泊4日コース/春〜秋』の運行ルート及び停車駅について書いていきます。

大まかなダイヤ情報が知りたい方は、以下の記事を御覧ください!
⇓    ⇓    ⇓
5月1日発の四季島の2泊3日コースのダイヤ情報をザックリとまとめてみました!

それでは、この 『3泊4日コース/春〜秋』の運行ルート及び停車駅について書いていきます。

さて、『3泊4日コース/春〜秋』ですが、このコースは4日間かけて東北や北海道まで旅をします。

運行路線ルートは以下のようになっています。
⇓    ⇓

四季島の発駅は上野駅。

上野を出発した四季島は太平洋側を北上し、北海道の道南地域を周り、そして日本海側をぐるっと周って再び上野に戻ってくるのです。

上野に始まり上野に終わる。

これが四季島の特徴です。

では、1日ごとに細かく停車駅やルート、路線などについて書いていきます。

『3泊4日コース/春〜秋』の1日目

それでは1日目から見ていきます。

1日目の停車駅は以下の通り

上野駅⇒日光駅

上野から日光までの以下のルートです。
⇓    ⇓    ⇓

※それぞれ、赤:東北本線、青:日光線、で表しています。

1日目は日光観光のみです。

日光といえば東京からは比較的近場です。

日光だけで1日目が終わってしまうのは若干の物足りなさを感じるかもしれません。

2日目以降は北海道をぐるっと回ることになるので、本格的には2日目以降という感じでしょう。

日光観光は、有名な日光東照宮、それから日光金谷ホテルの館内見学をするとのことです。

1日目の終わりから2日目にかけて

日光観光の後は、次の日まで車内泊。

次の日の函館まで列車の中で過ごします。

寝ているうちに北海道の北海道まで行きますから、かなりの移動距離です。

運行ルートは次の通りです。
⇓    ⇓    ⇓

※それぞれ、赤:日光線、青:東北本線、緑:いわて銀河鉄道線、ピンク:青い森鉄道線、黒:津軽線、茶色:道南いさりび鉄道線で表しています。
(小さくて見にくい場合は拡大などしてみてください!)

四季島は1日目の夜から2日目の朝にかけて、JR東日本からJR北海道エリアへと乗り入れます。

第三セクターの路線を数多く通って行くのが特徴です。

多くの鉄道会社の協力の下、四季島の3泊4日コースが成り立っているということですね。

『3泊4日コース/春〜秋』の2日目

それでは2日目です。

2日目の停車駅は以下の通り。

函館⇒伊達紋別⇒登別

運行ルートを載せますね。
⇓    ⇓    ⇓

※それぞれ、赤:函館本線、青:室蘭本線です。

まずは朝、四季島から下車して函館観光を堪能します。

そしてその後、四季島に乗車して伊達紋別駅まで行きます。

ここからルートが分かれます。

1つが伊達紋別駅で下車してニセコエリアの宿に宿泊するルート。

2つめがそのまま乗車して登別駅で下車して、登別エリアの宿に宿泊するルートです。

ルートというか、宿泊先が分かれると言うことですね。

2日目の夜は車内泊ではなくそれぞれの宿で一日を過ごします。

スポンサーリンク

『3泊4日コース/春〜秋』の3日目

それでは3日目です。

3日目はちょっとややこしいです。

というのも、途中から縄文コースまたは五能線コースに完全に分かれるからです。

3日目の停車駅は以下の通りです。

東室蘭(登別エリアはここから乗車)⇒洞爺(ニセコエリアはここから乗車)⇒新函館北斗⇒・・・・(縄文コースor五能線コース)

新函館北斗駅より縄文コースまたは五能線コースのいづれかを選択。

縄文コース停車駅
⇓     ⇓
新函館北斗⇒青森⇒弘前

五能線コース停車駅
⇓    ⇓
新函館北斗⇒新青森⇒五所川原⇒弘前

2日目の朝から、東室蘭駅または洞爺駅より四季島に乗車し、新函館北斗駅まで行きます。

そして新函館北斗駅から、縄文コース五能線コースの2つのコースに分かれます。(どちらかを選択することになる)

縄文コースはそのまま四季島に乗車し青森駅で下車。そして青森観光です。

そして青森観光をした後、再び青森駅から四季島に乗車し、そのまま弘前駅まで向かいます。

弘前で五能線コースと合流します。

五能線コースは新函館北斗駅から北海道新幹線に乗り換え、新青森駅で下車。

バスで五所川原駅まで行く。

五所川原駅よりリゾートしらかみに乗車し弘前駅で下車。

縄文コースとは弘前で合流します。

この2つのコースだと五能線コースのほうが移動距離も多くリゾートしらかみにも乗車できるという点で贅沢だと思いますね。

ただ、乗り換えが多い分、少々あわただしい旅になりそうですが・・

3日目の夜から4日目の朝にかけて

弘前駅からは4日目の朝の鶴岡駅まで車内泊です。

ルートは以下のようになります。
⇓    ⇓    ⇓

赤:奥羽本線、青:羽越本線

『3泊4日コース/春〜秋』の4日目

さて、最終日の4日目です。

4日目の停車駅は以下の通りです。

鶴岡⇒あつみ温泉⇒新津・・・・東三条⇒上野

(新津駅から東三条駅間は、下車観光です)

ルートは以下の通りです。
⇓    ⇓    ⇓

それぞれ、赤:羽越本線、青:信越本線、茶色:上越線、ピンク:高崎線です。

朝は、鶴岡駅またはあつみ温泉駅のいづれかで下車して観光が可能です。

以下の3つから選べます。

・鶴岡駅で下車、加茂水族館『クラゲドリーム館』に訪れる

・あつみ温泉駅下車、「萬国屋」で朝風呂に浸かる。

・あつみ温泉駅下車、日本三大古代織り『しな織布』づくりを見学

下車せず、四季島車内に滞在しても良いです。。

その後、新津駅で下車し燕を観光します。

東三条駅から四季島に再び乗車の後、上野駅に到着。

長い列車の旅は、これにて終了です!

スポンサーリンク

『3泊4日コース/春〜秋』の料金!メッチャクチャ高いです!!

さて、四季島の『3泊4日コース/春〜秋』について書いていきます。

とにかくとんでもない高さです!

四季島の客室は次の3タイプがあります。

・スイート

・デラックススイート(フラットタイプ)

・四季島スイート(メゾネットタイプ)

スイートは1名1室利用、2名1室利用のどちらも選べます。

2名1室利用の方が安いです。

スイート以外では、1名1室利用は不可。2名1室利用となっています。

また、スイートでは2日目の宿泊地と3日目の観光ルートによって、料金が若干異なる。

2日目の宿泊先がニセコエリアの坐忘林で、3日目を五能線コースを選択した場合が最も高いです。

この記事では、スイートは坐忘林・五能線コースとして書いていきますね。

それでは以下、それぞれの料金を見ていきましょう!
⇓    ⇓    ⇓

スイート、2名1室利用・・・・・・・・・・77万円

スイート、1名1室利用・・・・・・・・・・・115万5千円

デラックススイート、2名1室利用・・・・・90万円

四季島スイート、 2名1室利用・・・・・・・95万円

いやはや、どの客室も高い!、高すぎる!!

スイート、1名1室利用にかんしては115万5千円ですからね。

もはや庶民には手が出せません。

こんなバカ高い列車に一体誰が乗るんだという感じです。

それでも、四季島には、物凄く人気が殺到しているのです。

なぜこれほどまで人気なのか、その理由については下の記事からどうぞ!
⇓    ⇓    ⇓
高すぎる!四季島や瑞風は値段が高いのになぜ人気なのか?

四季島についての他の記事は以下からどうぞ!
⇓    ⇓    ⇓

豪華寝台列車『四季島』って何?試乗会の動画あり!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする