東京がオリンピック会場になることで交通が大混乱!

2020年の夏季オリンピック。

その開催場所として選ばれたのが東京です。

オリンピック
出典:「getnews.jp」

オリンピックと言えばスポーツの祭典です。

運営しているのは国際オリンピック委員会というところらしいです。

オリンピックの運営だけでなく世界中のスポーツを総括している団体とのことで、細かいことは僕もよく分かりませんが、とにかくすごい力を持っているのでしょう。

そんな団体が運営するスポーツの祭典、その規模は全世界です。

全世界規模なんて、日常ではなかなか想像できないものです。

言ってしまえば地球規模というわけです。

それほど巨大な祭典が東京で行われるわけです。

これはすごいことだと思います。

スポーツが好きな人は当然の事として、普段スポーツにあまり興味のない人にとっても2020年の東京オリンピックに対し期待を膨らましているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

東京オリンピックのメリット

世界のそれぞれの国は『是非とも我が国をオリンピック開催国に!』と名乗りを上げます。

それはオリンピックは世界的なイベントだからに他なりません。

4年(2年)に1度の全世界のお祭り。

なんとしてでも我が国が開催国となってほしいと思うのは自然の成り行きでしょう。

オリンピック開催国となれば当然世界中の注目の的となるわけですから、それだけでもメリットです。

ちなみにオリンピック開催国にはそれなりの信頼がないとなれないという話です。

つまり、オリンピック開催国に選ばれたということは国としての信頼が高まるということでもあるでしょう。

信頼が高まれば、国としての価値も高くなり経済的にも有利になるとのことです。
またオリンピック開催都市である東京には世界中から多くの人々が集まるわけです。

出場選手はもちろんの事、選手関係者、審査員、そして何より多くの観客たちが東京に密集します。

これらの人々はもちろんオリンピックが目的ですが、東京を観光していく人々も多数いることと思われます。

東京観光
出典:「find-travel.jp」

となれば、経済的に嬉しいことです。

さらにこの時に東京を気に入ってもらえれば、リピーターになってもらえるかもしれません。

そうすれば観光客増加につながります。

となれば観光施設への雇用が増え、雇用が増えれば世の中のお金の回りが良くなり、経済的にも豊かになれるわけですね。

ところでオリンピックはとにかく様々な種目があります。

サッカー、テニス、ビーチバレー、バレーボール、柔道、フェンシング、ボクシング、ハンドボール、馬術、体操、水泳、自転車などなどです。

これ以外にもまだまだあります。

となると、これらの競技を行う会場が気になるところです。

現在の東京都心は非常に密集しています。

その狭い東京の中でどうやってこれらの競技を円滑に行っていくのか気になりますね。

東京オリンピックの会場

2020年の東京オリンピックですが、競技種目によって会場を4つのエリアに分けているのが特徴です。

ヘリテッジゾーン、東京ベイゾーン、武蔵野エリア、そして東京都外です。

オリンピック会場
出典:「tokyo2020.jp」

ヘリテッジゾーンは千駄ヶ谷、原宿、九段下などの都心部、東京ベイゾーンは有明、お台場などの臨海地区、武蔵野エリアは主に調布市、東京都外は川越や新座、横浜といった通勤圏から宮城県利府町や札幌市といった東京から遠く離れた地域まで含みます。

こう書くと、かなり広範囲にわたっていると思われますが、大半の競技はヘリテッジゾーンと東京ベイゾーン、つまり都心部と臨海地区に密集しているというわけです。
(詳しくはこちらのサイトで)

スポンサーリンク

密集しすぎ!?

個人的にはオリンピック会場はあまりにも都心に密集しすぎではないかとちょっと思ってしまいます。

というのも、密集しすぎて交通が大混乱を起こすのではないかと僕は思うのです。

というか大混乱を起こすだろうという意見はもう出ています。

単発のイベント、例えば花火大会が行われるだけでも鉄道は混乱します。

ダイヤ乱れは当然のこととして、混みすぎて乗れなかったなんてこともありますし、帰宅難民者が出たという話もあるくらいです。

花火大会でもこうなのだから、都心部でのオリンピックで世界中の人々が集まるオリンピックでは一体どうなってしまうのか?と僕は思うわけです。

個人的にはもう少し武蔵野エリアや東京都外を増やしても良かったのではないかと思います。

例えば町田や相模原、八王子あたりに幾つか考えても良かったのではないかと思うのです。

あまり武蔵エリアや東京都外に会場を分散してしまうと見たい競技がはしごできなくなってしまう!という意見もあるかもしれません。

しかし、都心の近い場所に会場があったとしても、交通が混乱を起こしてしまえばどのみち見たい競技もはしご出来なくなると思うのです。

また、それぞれの会場が都心から離れてしまうと移動が大変だという意見もあるかもしれません。

確かに大変かもしれませんが密集して混乱するよりも幾らかマシではないかと思うのです。

交通は大混乱?

ちょっと細くなりますが書いていきます。

例えばヘリテッジゾーンだけで考えていきましょう。

ヘリテッジゾーンの会場は国立競技場、東京体育館、国立代々木競技場、日本武道館、皇居外苑、東京国際フォーラム、両国国技館です。

これら、7つの会場のうち両国国技館を除いて山手線の沿線及び山手線の内側に存在しています。

どのくらいの密集具合か想像つきますでしょうか?

もう少し具体的に書いていきます。

例えば国立競技場(千駄ヶ谷駅)、両国国技館(両国駅)はどちらも最寄駅は中央・総武緩行線の駅です。

同じ1路線の中にオリンピック会場が2つも含まれているのはなかなか大変なことではないかと思います。

国立代々木競技場(原宿駅)、東京国際フォーラム(有楽町駅)の最寄駅はどちらも山手線の駅です。

こちらも同じ1路線に2駅です。

ぐるっと円を描く山手線の真ん中を中央・総武緩行線が走っているわけですが、この円と線が混乱を起こすと、かなりめんどくさいことになるでしょう。

というのも山手線の内側を走っている線は中央・総武緩行線を除けば地下鉄しかありません。

そうすると、乗客たちは地下鉄に向かうことだと思いますから、地下鉄線も混乱するでしょう。

国立代々木競技場、東京国際フォーラム、両国国技館に最寄駅を持つ地下鉄は東京メトロ千代田線や有楽町線、半蔵門線になります。

3つの地下鉄は相互直通運転をしています。

千代田線は小田急小田原線とJR常磐線に、有楽町線は西武池袋線と東武東上線に、半蔵門線は東急田園都市線と東武伊勢崎線にそれぞれ乗り入れています。

これらの乗り入れ先の駅は本厚木、唐木田、我孫子、取手、小手指、飯能、川越、森林公園などなどになるわけです。

県で言ったら、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県となります。

いかに広範囲に地下鉄が繋がっているかがわかると思います。

もし千代田線、有楽町線、半蔵門線が混乱を起こすと東京は当然のこととして神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県まで及ぶ可能性があるわけです。

中央・総武緩行線にしても船橋や津田沼方面へ繋がっています。

なので中央・総武緩行線が混乱してもこれらの地域も大変です。

バイパス的に京葉線もありますが、京葉線の葛西臨海公園駅も東京ベイゾーンの会場『葛西臨海公園』の最寄駅です。

恐らくかなり混雑するでしょう。

さらに葛西臨海公園駅の隣の舞浜駅は東京ディズニーランドやディズニーシーへの最寄駅にもなっています。

オリンピック開催期間中でもディズニーに訪れる人は多くいるでしょうから、京葉線も大混乱する可能性はあります。

そうすると千葉・船橋方面はかなり大変だと思います。

はたしてこの混乱の対策は考えられているのか?

僕の個人的な考えとしては、オリンピックの電車を区間運転にしてしまえばいくらかマシになるのではないかと思っています。

例えば中央総武線で言えば、普段は三鷹駅から千葉駅まで運行されています。

それを途中で分割して、三鷹駅〜新宿駅、新宿駅〜錦糸町駅、錦糸町駅〜千葉駅という感じです。

そして分割したそれぞれの区間のみを電車が往復すれば良いのです。

オリンピック会場がある千駄ヶ谷駅と両国駅は新宿駅〜錦糸町駅にあたります。

新宿から錦糸町までの区間が仮に大混乱を起こしたとしても三鷹駅〜新宿駅や錦糸町駅〜千葉駅はその影響を受けることはありません。

なぜ新宿駅と錦糸町駅で分割するかですが、新宿は大きいターミナル駅だからで錦糸町駅は東京駅方面への総武快速線との接続を考えてのことです。

京葉線で言えば東京駅〜舞浜駅、舞浜駅〜蘇我駅の区間運転が良いのではないかと思います。

オリンピック会場の最寄りの葛西臨海公園は東京駅〜舞浜駅にあたります。

舞浜駅はディズニーランドやディズニーシーへの最寄駅ですから、ここで分割するのが良いと思いました。

地下鉄に関しても区間運転が良いと思います。

いや、地下鉄の場合は区間運転というより直通運転をしなければ良いでしょう。

他の鉄道会社に乗り入れず地下鉄線内だけ往復していれば、他社線への影響はないですから混乱が拡大する心配もないでしょう。

色々と書いてきましたが、あくまでこれは僕の素人的考えです。

現実的(設備的に)に折り返し可能かどうかはわかりませんから区間運転などできないかもしれませんし、しかもこれで混乱が解決するかもわかりません。

しかし、路線が全て繋がっていて、一箇所つまると全てのダイヤが乱れることを考えると、まだ区間運転の方が良いのではないかと思うわけです。

そんなわけで書きました。

こう書いていくと、東京オリンピックはメリットばかりではないなと思います。

この対策についてどのようにしていくつもりなのかが今後の注目する点だと思います。

さて、東京オリンピックに向けて新しい駅や新路線開発の構想も上がってきています。

それについて次の記事で書いていきたいと思います。
続きはこちらです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする