となりのトトロのモデルの地域、狭山丘陵の愛称はトトロの森!

スタジオジブリ作品『となりのトトロ』

『トトロ』の舞台にはモデルがあるのはご存知でしょうか。

サツキとメイが暮らしている場所は、自然がたくさんあり、田んぼや森に囲まれているところですが、意外なことですが、都心から比較的近い位置にあります。

スポンサーリンク

トトロの舞台 狭山丘陵

トトロのモデルになった場所は狭山丘陵です。

※トトロの舞台の狭山丘陵に友達と行って来ました。
それについては『となりのトトロの舞台モデル 所沢のトトロの森へのアクセス方法は?』の記事、または『トトロの森にある狭山湖を散策!狭山丘陵の巨大湖はなぜ怖いのか?』の記事から順に御覧ください。

狭山丘陵は東京都と埼玉県を挟む形で、東京都の東村山市、東大和市、武蔵村山市、西多摩群瑞穂町、埼玉県の所沢市、入間市に広がっています。

と言ってもあまりピンとこない人もいるかもしれません。

皆さんは、西武園ゆうえんちには行ったことはありますか?

新宿から西武新宿線で直通の『西武遊園地行き』で1本で行けるこの遊園地はイルミネーションが綺麗なことで有名です。

そのイルミネーションは首都圏最大とも言われているほど。

実際にご覧になった人も多いと思います。

さてこの西武園ゆうえんち、実は狭山丘陵の真っ只中にあるのです。

トトロの舞台にある遊園地だったのですが、あまり意識している人少ないかもしれません。

あともう一つですが、野球ファンの方であれば一度は訪れるであろう西武プリンスドーム。

野球以外にもアイドルのコンサートなども行なわれているこの西武プリンスドーム。

イベント開催時にはかなりの大人数の人が西武プリンスドームに訪れますが、実はここも狭山丘陵の真っ只中にあります。

最寄駅は西武球場前駅で、こちらも西武池袋線の池袋駅から直通電車が出ています。

西武遊園地や西武プリンスドームと言った大きな施設があり、多くの人がここに訪れているわけですから、知らず知らずのうちに狭山丘陵、つまりトトロの故郷に足を運んでいるわけです。

そう考えると面白いですね。

さて、この狭山丘陵ですが、今現在でもかなり多くの自然が残ってるのが特徴です。

実際に僕が狭山丘陵に訪れた時の写真を載せますね。

こんな感じです。

いかがでしょうか?

都心の近くなのに、こんなに自然が残っているのです。

ジブリの宮崎監督はこの狭山丘陵が非常に好きで、よく散歩しているとのこと。

たしか、『もののけ姫』で得た興行収入の一部を狭山丘陵維持のため所沢市に寄付したという話も聞きます。

都心から近い丘陵でも多摩丘陵というのがあります。

京王線の聖蹟桜ヶ丘駅や小田急線・京王線の多摩センター駅あたりです。

この辺りは、だいぶ開発されてしまっていて自然が少なくなっています。

開発によって多摩ニュータウンとなっています。

ジブリで言うと『平成狸合戦ぽんぽこ』や『耳をすませば』が多摩丘陵を舞台にしています。

宮崎駿監督は多摩ニュータウンが大嫌いだと言う話をきたことがあります。

僕も正直、多摩ニュータウンは味気ないなと思っています、。

狭山丘陵の方は西武園ゆうえんちや西武プリンスドームなどの施設を除けば、開発されていない部分も多く、豊かな自然や里山などが残っているのです。

僕は都心から近くて自然が残っている場所がけっこう好きですね。

僕は基本的に遠出はしません。

都心近くの近場の意外な自然がというものに惹かれるのです。

例えば、練馬区の石神井公園、世田谷区の等々力渓谷が僕のお気に入りの場所だったりします。

同様に狭山丘陵もけっこう好きな場所ですね。

狭山丘陵はほとんど訪れたことがないですが、それでも地図見たり動画見たりで満足できます。

西武山口線レオライナーからの景色が好きで、動画はよく見ています。


話を狭山丘陵に戻します。

狭山丘陵の面積は約3500ヘクタールです。

それほど大きいわけではありません。

武蔵野台地が広がる中、この約3500ヘクタールの部分だけ何故か丘陵になっているのです。

なので『首都圏に広がる緑の孤島』なんて呼ばれています。

またトトロの舞台となったことから『トトロの森』という愛称が付けられています。

なかなか素敵な愛称ではないかと思います。

さてトトロの舞台となったこの狭山丘陵ですが、実はいくつか心霊スポットがあると言われています。

トトロの都市伝説はスタジオジブリが否定していますが、その舞台となった狭山丘陵に心霊スポットがあるというのは中々奇妙な話ではないかと思いますね。

それほど大きくない狭山丘陵に心霊スポットが複数も存在しているのがちょっと不気味です。

ちなみに狭山丘陵には湖が二つ存在します。

県境に向き合うような形で、東京都側は多摩湖、埼玉県側は狭山湖とそれぞれ呼ばれる湖です。

それぞれの堤防から見える景色は綺麗です。

綺麗なんですけど・・・・。

なんとなく、この湖は不気味に感じます。

何がそんなに不気味なのかというと、異様に大きいことです。

都心に近い場所にあるとは思えないほどの大きさで、何となく不気味に思えてしまいます。

「そもそもなんでこんな場所に、異様に大きな湖が存在しているんだ?」
という感じで、存在そのものの謎が不気味さに拍車をかけているのではないかと思います。

そして、人が異様に少ないのも不気味に思えます。

湖の周辺には家などは全くありません。

湖を囲んでいるのは林だけです。

昼間であれば、気分転換に散歩できると思いますが、夜はさすがに怖いです。

さて先ほど狭山丘陵には心霊スポットが複数存在すると書きました。

それらの心霊スポットは二つの湖、多摩湖・狭山湖を囲むような形で存在しています。

これらの心霊スポット及び多摩湖・狭山湖については、次回以降の記事に書いていきたいと思います。

続きはこちらの記事です

狭山丘陵・トトロの森については、以下の記事もぜひ御覧ください。
『となりのトトロの舞台!埼玉の狭山丘陵『トトロの森』まとめ』

『となりのトトロ』関連の他の記事も御覧になりたい方は以下もチェックしてみてください。
『スタジオジブリ となりのトトロのまとめ』

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする