木のトンネルはドラクエの迷いの森で小トトロと中トトロは妖精か?

メイがくぐり抜けた木のトンネル。

それはドラクエに出てくる迷いの森だったのか・・・・?

そして小トトロと中トトロの存在は・・・・・。

前回に引き続き、今回も『となりのトトロ』についての記事を書いていきたいと思います。

(前回の記事はこちら)

連日でトトロ記事を書くきっかけになった、トトロの森に友達と訪れた事については『となりのトトロの舞台モデル 所沢のトトロの森へのアクセス方法は?』の記事で書いていますので、よかったら御覧ください。

トトロの森については『トトロの都市伝説 真相!狭山丘陵に存在する心霊スポット』の記事をご覧ください。

前回の記事では、メイがトトロに出会った直後のストーリーを取り上げました。

そこでは以下の様な謎が浮かびましたね。

①、木のトンネルはなぜトトロの所(クスノキの場所)に繋がらず、元の場所に戻ってしまったのか?

②、なぜクスノキのところの穴が無くなってしまったのか?

③、そもそも、トトロとはいったい何者なのか?

これらの謎に対し、僕はドラクエ的に捉えてみたわけです。

①の木のトンネルは『迷いの森』として、

②のクスノキの穴は『旅の扉』として

③のトトロの存在は『わたぼう』として、

それぞれ捉えてみたということでした。

今回の記事では①・木のトンネルはドラクエの『迷いの森』として捉えられるということについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドラクエ5の迷いの森

さて、『となりのトトロ』の木のトンネルがドラクエの迷いの森ということについてですが、まずは迷いの森についてまとめてみます。

迷いの森はドラクエ5に登場します。

(他にもトルネコやテリーのワンダーランドにも登場しますが、ここではドラクエ5に絞ります。)
迷いの森は妖精の村へ通じている森です。

ストーリーの青年時代の後半、主人公は墜落してしまった天空城を再び浮上させるために妖精の村へ向かうことになりますが、そのために迷いの森へ入ることになるのです。

さて、この迷いの森ですが、その名の通り入った人間を迷わせてしまう森です。

hiuygftdrftg_TP_V

普通に歩いているだけでは進むことが出来ず、所謂無限ループに引っかかってしまい、いくら進んでも同じ場所に戻ってきてしまうのです。

無限ループとは?

一応無限ループについて軽く触れてみます。

無限ループとは、いくら進んでも同じ場所をぐるぐると回ってしまい、一向に先に進めない場所のことを言います。

PAK86_hanrasenkaidan-thumb-autox1600-16028

例えを出します。

Aという場所から東へ向かい歩きますが、しばらく進むとまたAの場所に戻ってしまいます。

反対に西に向かって歩いても、またAの場所に戻ります。

以下。北に進んでも南に進んでもやはりAに戻ってしまい、いつまでたってもAから抜けだせません。

以上のようなものを無限ループと呼ばれます。

無限ループを抜け出すには、正しいルートを通る必要があり、1度でも道を間違えるとまた最初からやり直しです。

有名な無限ループはロンダルキアへの洞窟!

この無限ループですが、有名なのはドラクエ2のロンダルキアへの洞窟の6Fだと思います。

ドラクエ2は非常に難易度が高く、敵もべらぼうに強いです。

そんな中での無限ループです。

しかもルートの分岐が9回もあります。

正しいルートを消去法で見つけていくわけですが、敵も強くMP切れを起こしやすく挫折してしまう人も少なくないとか。

しかも、なんとか無限ループをクリアしたとしても、洞窟を抜けた先に出現するモンスターが厄介です。

なんせ、ザラキ、イオナズン、メガンテなどを連射してくるからです。

ロンダルキアのほこらにたどり着くまでには、ザラキ、イオナズン、メガンテの恐怖に耐えながら進んでいかなければなりません。

迷いの森の無限ループには正規ルートが存在しない

少し話が脱線してしまいました。

ドラクエ5の迷いの森について書いていきます。

迷いの森も無限ループなのですが、普通の無限ループとは違う点があります。

上にも書いたとおり、無限ループを脱出するには正規のルートを間違いなく進むことです。

しかし、迷いの森は正規のルートという概念が存在しません。

どのルートを通ろうが先に進むことは不可能です。

それではいったいどのようにして無限ループから抜けることが出来るのでしょう?

スポンサーリンク

妖精について行くことで先へ進める!

迷いの森に入ってすぐのところに家があります。

その家の住人はこのように話します。

「この森は妖精の村へと通じる迷いの森で、普通の人間では森を抜けることは不可能だ。しかし、妖精の姿を見ることが出来れば話は別だ。

この話が、迷いの森を抜けるための答えなのです。

迷いの森を抜けるには妖精の協力が必要になります。

妖精
出典:「ja.wikipedia.org」

幸いなことに主人公の子供は妖精の姿を見ることが出来たため、迷いの森の中にいる妖精を見つけることが出来ました。

妖精に話しかけた後に、妖精の後ろをついていくことで無限ループを抜けることが出来たのです。

となりのトトロの木のトンネルは?

ここまでドラクエのことばかり書いてきましたが、となりのトトロに話を戻します。

となりのトトロの木のトンネルは、まさにこの迷いの森として捉えることが出来ると上で書きました。

僕の想像を書いていきます。

となりのトトロの木のトンネルは、実は無限ループになっていたのです。

PAK86_hanrasenkaidanjinsei_TP_V

そのため、何度通っても同じ所(家の前)に戻ってしまいます。

サツキやお父さんが木のトンネルを通っても家の前に戻ってしまったのはそういうことです。
ではなぜメイが一番最初に木のトンネルを通った時は、クスノキの木のところまで行けたのでしょうか?
ここで、ドラクエ5の迷いの森を思い出してみます。
ドラクエ5の迷いの森では、主人公たちは妖精の後をついていったことで無限ループを抜け、先へ進めました。
このことをとなりのトトロに当てはめてみましょう。

メイが最初に木のトンネルを入った時の事を思い返してみると、メイは小トトロと中トトロの後を追いかけていました。

小トトロと中トトロがドラクエ5で言うところの妖精の役割をはたしていたということです。

つまり、となりのトトロの木のトンネルは、小トトロと中トトロについていくことで初めて無限ループを抜けられ森の中へ進む事が出来るというわけです。

だからメイがサツキたちをトトロのところへ案内しようとしても、トンネルの先は家の前まで戻ってしまい、トトロのところへ行けなかったわけです。

これでとりあえず、なぜ木のトンネルの謎が解決しました。

かなりこじつけ的な想像ですが、残りの謎である『クスノキの穴について』そして『トトロの正体』についてもこのような想像をしていきたいと思います。

次の記事に続きます。

『となりのトトロ』関連の他の記事も御覧になりたい方は以下もチェックしてみてください。
『スタジオジブリ となりのトトロのまとめ』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする