大トトロはクスノキに旅の扉を作り出す!?ドラクエ7の老楽師の如く

メイが落っこちたクスノキの穴。

その穴は大トトロが作り出した旅の扉だったのです・・・・・。

前回に続いて今回も『となりのトトロ』についての記事を書いていきたいと思います。
(前回の記事はこちら)

トトロ記事を書くきっかけになっている、トトロの森に友達と訪れた事については『となりのトトロの舞台モデル 所沢のトトロの森へのアクセス方法は?』の記事で書いていますので、よかったら御覧ください。

トトロの森については『トトロの都市伝説 真相!狭山丘陵に存在する心霊スポット』の記事をご覧ください。

『サツキはお化けに会いたがる!?トトロの正体をドラクエで考えると?』の記事では、メイがトトロに出会ったその後のストーリーに注目してみましたが、次のようなの様な謎が浮かびましたね。

①、木のトンネルはなぜトトロの所(クスノキの場所)に繋がらず、元の場所に戻ってしまったのか?

②、なぜクスノキのところの穴が無くなってしまったのか?

③、そもそも、トトロとはいったい何者なのか?

これらの謎に対し、僕はドラクエ的に捉えました。

①・木のトンネルは『迷いの森』として、

②・クスノキの穴は『旅の扉』として

③・トトロの存在は『わたぼう』として、

という感じです。

前回の記事では、『①・木のトンネルは『迷いの森』である』という考察について書いてきました。(前回の記事はこちら)

今回の記事では、『②・クスノキの穴は『旅の扉』である』という考察で書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

クスノキの穴の謎

『サツキはお化けに会いたがる!?トトロの正体をドラクエで考えると?』の記事でも触れてますが、クスノキの穴について簡単に振り返ってみます。

クスノキの穴は、森の中にある巨大なクスノキの根っこにポッカリと空いていた穴のことです。

メイは小トトロと中トトロを追いかけ、クスノキの穴に入ることで(正確には落ちて)大トトロと出会う事が出来ました。

しかし、後にサツキとお父さんとクスノキの所に訪れた時はその穴が無くなっていました。

さて、なぜ穴が無くなってしまったのか?

そして、この穴はいったい何なのか?

といった謎が出たわけですが、僕はこの穴をドラクエの『旅の扉として』捉えることにしたのです。

旅の扉とは?

それではドラクエの旅の扉について書いていきますね。

旅の扉とは、簡単に言ってしまうとワープゾーンです。

フィールド上のある所に存在していて、そこに足を踏み入れると別の場所へ一瞬で移動出来てしまうゾーンなのです。

『扉』と名前がついていますが、実際には床または地面に渦が巻いていて、そこに触れることで吸い込まれるようです。

渦

リメイク版のドラクエ4のアリーナの会話によると旅の扉に入るとお腹も頭もグチャグチャになるらしく非常に気持ち悪いらしいです。

しかし、クリフトは全く平然としているようですから、旅の扉は得意不得意な人がいるということなのでしょうか・・・。

なぜクスノキの穴が旅の扉なのか?

なぜ、となりのトトロのクスノキの穴が旅の扉なのかについて、僕の考えを書きます。

メイはクスノキの木の穴から大トトロが眠っている空間に落下しました。

IMG_4785

木の真下ですから、物理的に考えたらトトロが眠っている空間は地中の中ということになります。

しかしその空間は地中の中とは思えないほど明るいです。

というか、地上のクスノキの場所よりも遥かに明るいです。

単に穴から光が差し込んでいる程度では、これほどの明るさになることは考えにくいです。

そこで僕は考えました。

大トトロが眠っているこの場所は、クスノキの真下ではなく、全く別の空間なのではないかと予想しました。

つまりクスノキの木の穴が大トトロの空間へのゲート=旅の扉となっているというわけです。

スポンサーリンク

旅の扉は作り出すことが出来る!?

話を一度、トトロからドラクエにまた戻ります。

ドラクエの旅の扉は、基本的に始めからその場所に存在しているように見えます

例えば山や川、海などが元々その場所に存在しているのと同様に旅の扉も存在している感じです。

祠の中に存在している場合が多いですが、中には地面にむき出しで存在している旅の扉もあります。

いずれにせよ、旅の扉は最初からその場所に存在してるかのように思えます。

ところが、この旅の扉を人工的に作り出してしまうキャラがいます。

それはドラクエ7に登場する老楽師です。

この老楽師は自身が望む場所に旅の扉を作り出してしまうというとんでもない能力を持っています。

詳細なストーリーはここでは書きませんが、この老楽師は過去のハーメリアで出会うことになります。

老楽師は真夜中にトゥーラを演奏し、人々を催眠で操り、自身が作り出した旅の扉に通し、遠く離れた山奥の塔に人々を集めてしまいます。

塔

さらにこの老楽師は、作り出した旅の扉を消すことも出来るようです。

海底都市のグラコス戦後、旅の扉で山奥の塔へ脱出しますが、その際に旅の扉はすぐに消滅させています。

この老楽師のように旅の扉を意図的に作り出したり消したり出来るキャラは恐らくかなり珍しいでしょう。

トトロが旅の扉を作り出した?

旅の扉を作りだしたり消したりすることが可能だということが、ドラクエ7より分かりました。

さて話をトトロに戻し、もう一度ストーリーを振り返ってみます。

森に迷い込んだメイは、クスノキの穴(旅の扉)から落下し、大トトロがいる空間へ行くことが出来たわけです。

しかし、その後、サツキとお父さんとともに再びクスノキに訪れた時は、穴が消えていました。

これをドラクエ7的にこのように考えてみました。

実はクスノキの穴=旅の扉を作り出したのは大トトロだったのではないか?・・というふうにです。

次の記事へ続きます。

『となりのトトロ』関連の他の記事も御覧になりたい方は以下もチェックしてみてください。
『スタジオジブリ となりのトトロのまとめ』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする