トトロのネコバスを見て僕がサツキと一緒にワクワクしてしまう理由

サツキの笑顔がネコバスを人気者へと導いた!?

前回に続いて今回も『となりのトトロ』についての記事を書いていきたいと思います。
(前回の記事はこちら)

トトロ記事を書くきっかけになっている、トトロの森に友達と訪れた事については『となりのトトロの舞台モデル 所沢のトトロの森へのアクセス方法は?』の記事で書いていますので、よかったら御覧ください。

トトロの森については『トトロの都市伝説 真相!狭山丘陵に存在する心霊スポット』の記事をご覧ください。

『となりのトトロ』で人気のキャラクターのネコバスです。

しかし、ネコバスの劇中での登場回数はわずか2回です。

それにも関わらず、なぜネコバスはこれほどまでに人気なのかについて色々と考えたところ、ネコバスの登場シーンの演出の工夫が、視聴者に大きなインパクトを与えネコバスの印象を強く植えつけたのではないかと僕は思ったのでした。


ネコバスの1回目、2回目それぞれの登場シーンの演出の工夫については

『ジブリ美術館に復活したトトロのネコバスが大人に爆発的な人気の理由』

『サツキがネコバスに乗りメイを探しに行くシーン!その演出の工夫は?』

で書いています。

どのような工夫がされているのか詳しく知りたい方は、上記の記事を御覧いただければと思います。


さらに僕はネコバス2回目の登場シーンでは、さらに次の工夫が施されていると考えました。

それは
1、コントラスト 2、お得感 3、意外性

の3つです。


前回の記事
では、1、コントラストについて述べるにあたり、『となりのトトロ』後半からの展開、つまりネコバス2回目登場シーンの直前までのストーリーの流れについて書きました。

『トトロ』後半からの展開では、気分が暗くなるような鬱な展開が立て続けに起こっていますが、この鬱展開がコントラストとして機能するということでした。

なぜコントラストになるかというと、ネコバス2回目登場シーンは非常に楽しい雰囲気でワクワクした感じだからです。
前置きがだいぶ長くなりましたが、今回の記事ではネコバスのワクワク感について詳しく書いていきますね。

スポンサーリンク

ネコバス2回目登場シーンはワクワク楽しい!

それまでの鬱展開から打って変わって楽しい雰囲気でワクワクになるのが、ネコバス2回目の登場シーン。

あおのシーンは誰が見ても楽しく明るい雰囲気だと感じることでしょう。

ではなぜ楽しく明るいと感じてしまうのかについて考えました。


『サツキがネコバスに乗りメイを探しに行くシーン!その演出の工夫は?』
の記事でも書きましたが、このシーンでのネコバスの走りは非常に大胆です。

サツキを乗せたネコバスが走るスピードはメチャクチャ速のですが、すごいのは速さだけではありません。

走る水田の上をアメンボのごとく滑るように走ったり、森のなかに突っ込んでいったり(なぜか木が避けてくれる)、鉄塔によじ登り送電線の上を滑るように走ったりと、ある種の強引さも感じられるこの走る姿にはドラマチックさを感じられます。
この大胆な走る演出を見た視聴者は「ネコバスすごい!」という感じで、印象が残るということでした。

しかし、これ以外にも視聴者に与える影響があります。

それはスリルと快感です。

ジェットコースターのようなネコバス

上に書いたようにサツキを乗せたネコバスの走りは非常に大胆です。

一言で言ってしまうと、『あり得ない所をありえないスピードで駆け抜けていく』という感じです。

この『あり得ない所をありえないスピードで駆け抜けていく』というのは、まさにジェットコースターみたいではないかと思うのです。
ジェットコースターはすごいスピードで急坂を駆け下りたり急カーブの連続です。
言ってしまえば不自然なコースを走り抜けるのがジェットコースターです。

我々が普段乗る乗り物、電車・自動車・バスなどでは、こんな不自然な走り方は絶対にしません。というかそんな走り方をした瞬間、事故が起きます。
ですからジェットコースターは『あり得ない所をありえないスピードで駆け抜けていく』を体感できる乗り物なのです。
そして人はこの『あり得ない所をありえないスピードで駆け抜けていく』という体験を通してスリルと快感を得ることに楽しみを感じるものなのです。

だからネコバスの大胆な走りを見ている視聴者はジェットコースターを無意識的に連想してしまい、『あり得ない所をありえないスピードで駆け抜けていく』ネコバスに対しスリルと快感を味わえると思います。

そして、スリルと快感は直接的にワクワクに繋がるものだと思います。

これが、ネコバス2回目登場シーンが楽しいと感じられる理由の1つです。

サツキにつられて見ている方もワクワクしてしまう?

楽しいと感じられる理由は上に書いた以外にもあります。

何かというとサツキの表情です。

ネコバス2回目登場シーンでは、クスノキの上から大トトロが上げた雄叫びによりネコバスが呼び出されて登場します。

目の前に登場したネコバスを見て、サツキはビックリして目を丸くしていました。

しかし、大トトロに勧められるがままネコバスに足を踏み入れたサツキはネコバスのフカフカな感触に感激したのでしょう

「わあ!」と嬉しそうに声をあげ、そして笑顔になります。

トトロ後半では鬱展開が連続していましたから、サツキの笑顔は印象的です。

この瞬間、視聴者はこれまでの鬱展開で悲しんでいたサツキに笑顔を与えたネコバスの存在に、意識的・無意識的問わずポジティブな感情を抱いたことでしょう。

そして、その後上述したようにネコバスは凄まじいスピードで走っていくわけですが、ここでサツキは「わあっ!!」と凄く楽しそうに笑います。

森の中で木がネコバスを避けるのを見て、「木が避けてくれてる!」と叫んでいるサツキの表情は生き生きとしていて、ポジティブさがにじみ出ています。
このサツキの嬉しそうな表情につられて視聴者も嬉しくなってしまうのです。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでをまとめると、ジェットコースターのようなスピードの体感によるスリルや快感による楽しさ、そしてサツキの嬉しそうな表情につられて、視聴者はこのネコバス2回目登場シーンをポジティブで楽しいものという認識をします。
しかもただ楽しいだけではありません。

その直前まで『トトロ』の中でも最高に鬱な展開が立て続けに起きていました。
その鬱展開の直後にネコバスの楽しいワクワクなシーンを見せられることで、それがコントラストとなり楽しい雰囲気がより一層視聴者に伝わったはずです。

楽しい雰囲気だけ見せられるよりも、たぶんそれではネコバスの印象は薄かったことでしょう。

直前まで暗く鬱な展開を見せられていたほうが、より強く楽しい雰囲気の有り難みが伝わりやすいと僕は思います。

ですから、ネコバス2回目登場シーンにおいて、コントラストという工夫がなされていることは非常に重要であると僕は思ったのです。
そしてそのコントラストによって、ネコバスの存在は視聴者に強く印象付けられ、その結果としてネコバスは人気キャラとなったということです。

コントラスト以外の工夫

ネコバス2回目登場シーンにおける工夫は、

1、コントラスト 2、お得感 3、意外性

この3つでした。


前回の記事
、そして今回の記事で『コントラスト』について書いてきました。

次回以降の記事では、『お得感』『意外性』についても触れていきますね。

次の記事に続きます。

『となりのトトロ』関連の他の記事も御覧になりたい方は以下もチェックしてみてください。
『スタジオジブリ となりのトトロのまとめ』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする