となりのトトロでメイのサンダルがあった池が実在?3つの根拠

前回に引き続き、今回も『となりのトトロ』のについて書いてきます。
(前回の記事は『メイのサンダルが見つかった池は心霊スポットか?となりのトトロ考察』です)

トトロ記事を書くきっかけになっている、トトロの森に友達と訪れた事については『となりのトトロの舞台モデル 所沢のトトロの森へのアクセス方法は?』の記事で書いていますので、よかったら御覧ください。

トトロの森については『トトロの都市伝説 真相!狭山丘陵に存在する心霊スポット』の記事をご覧ください。

さて、前回は『となりのトトロ』の神池について書いてきました。

『トトロ』のストーリーの後半でメイが行方不明となりますが、その際に「サンダルが見つかった!」ということで、もしや!と大騒ぎになりました。

そのサンダルが見つかった池が神池になります。

僕の考察では、この神池は実在する宅部池がモデルなのではないか?ということでした。

宅部池は『となりのトトロ』モデルの地となった狭山丘陵(通称トトロの森)の中にある都立狭山公園にあります。

都立狭山公園は西武園ゆうえんちのすぐ近くにあり、そこにある宅部池は心霊スポットとされています。

宅部池の心霊については『トトロの森 最寄駅近くにある心霊スポット たっちゃん池』を御覧ください。

さて、なぜこの宅部池が『トトロ』の神池のモデルだと僕が思ったかですが、その根拠は2点あるとのことでした。

1点目は、宅部池でその昔に水難事故が起こり、少年1人と青年2人が犠牲になっているということです。

作中では「メイのサンダルが見つかった!」ということでメイが沈んでいるのでは?!大騒ぎになっていましたが、このシーンが宅部池の過去に起こった水難事故を暗示しているように僕には思えました。

少なくとも、宅部池の水難事故のことは意識していたと思います。

さて宅部池が『トトロ』の神池のモデルである根拠の2点目ですが、神池と宅部池には地理的に共通点があります。

今回の記事ではそれについて書いていきますね。

スポンサーリンク

メイのサンダルが発見された神池のそばを電車が走る!

さて、地理的共通点と言ってもそんな複雑なことではありません。単純なことです。

宅部池付近の地図を下に載せますね。


地図の真ん中に宅部池がありますが、その東側(右側)を見てみましょう。

黒い線が緩やかに上から引かれていて、『西武多摩湖線』と書かれています。

つまり宅部池のすぐそばに電車が走っているわけです。

さて、『電車』と聞いてピンと来た人もいることでしょう。

実は『トトロ』の神池でも電車が登場しています。

神池のシーンを思い出してみましょう。

『サンダルが見つかった!』ということで大騒ぎになり、大人たちが神池をくまなく探しているシーンで、一瞬ですが電車がガタンゴトンと音を立てて横を通り過ぎているのです。

ame_87sakuratonnel_tp_v

つまり『トトロ』の神池と宅部池の共通点とは、『池の近くを電車が通っている』ということになります。

(宅部池と線路の距離が『トトロ』の神池と線路の距離の比べ、ずっと離れているではないか!と思った人もいると思います。そのことについては『宮崎駿の絵の描き方から見るとなりのトトロのメイのサンダルシーン!』の記事も御覧ください。)

電車の線路は土手の上にある!

しかし、ただ単に『池の近くを電車が通っている』だけだと共通点としては弱いと言えます。

たまたま偶然、作中で電車が描かれただけと言われればそれまでです。

なので、もう少し踏み込んでみます。

前回の記事にも書きましたが、僕は実際に宅部池に訪れました。

その際に電車の通っている場所の写真も撮影したので下に載せてみます。

img_4504

こんな感じです。

どこに線路があるんだと思われるかもしれませんが、この土手の上を電車が走っています。(電線の下に線路があります)

つまり宅部池の近くの電車は土手の上を走っているのです。

池側からは電車を見上げる形となります。

さて、もう一度『トトロ』の神池のシーンを思い出してみましょう。

大人たちが池の中を捜索しているすぐ横を通り過ぎる電車はどんなところを走っているでしょう?

いかがでしょうか?

頭の中の映像で浮かんだことかと思います。

神池のところの電車も土手の上を走っていますよね。

つまり宅部池、神池ともに近くを走っている電車は土手の上に線路がしかれてるということで共通しています。

スポンサーリンク

線路は1つだけ?

さらに、電車での共通点がもう1つあります。

それは、どちらも『単線』だということです。

『単線』とは何かというと、その線路の数が1本だけの線のことです。

pak85_inakanosenro20140102-thumb-autox1600-16742-1

一般的に鉄道は線路は2本以上ある場合が多いです。

特に都心を走っている電車はほとんどは2本あります。

電車は上り方面と下り方面走っていますから、電車どうしがすれ違いが出来るように線路が複数あるのです。

p1020155-thumb-autox1600-21021

このように、2本の線路がある場合『複線』と呼ばれます。

それに対して『単線』は線路が1本しかありませんから、すれ違いは決まった場所(主要駅など)でしか出来ません。

そのかわり、コスト面で『複線』よりも低く抑えられるというメリットがあります。

電車の運行本数が少ない路線の場合などは、『単線』となっていることが多いです。

しかし、都心近くの鉄道路線で『単線』は珍しいです。
(他には東武大師線、JR東日本鶴見線の一部区間にも単線は存在していますが、都心近辺での絶対数はかなり少ないです。よって珍しいと言っても良いと思います)

宅部池のそばを走る西武多摩湖線は都心近くでは珍しい『単線』ということとなります。(ただ、僅かですが主要駅以外で複線区間も存在しています。)

そして『トトロ』の神池の電車も珍しい『単線』なのです。

でも作中では電車土手の上を走っていて、線路が見えないのになんで単線だと分かるのかという疑問もあることでしょう。

しかし、その疑問はストーリーのラスト近くで大トトロがネコバスを呼び寄せるシーンを見れば解決します。

大トトロはサツキを抱えクスノキで雄叫びで上げ、それに反応してネコバスが登場するのですが、この時、ネコバスとともに走っている電車が映っています。

その電車をよく見ると線路が1本、つまり『単線』だということが分かるのです。電車が映っているのはかなり短い時間ですが、はっきりと映っています。

まとめ

さて今回は『トトロ』の神池と宅部池の共通点として

1、どちらも池のそばを電車が通っている。

2、電車は土手の上を走っている。

3、電車の線路は『単線』

の3つが上がりました。

これにより、『トトロ』神池の近くの電車は西武多摩湖線がモデルだと考えられ、またそれにより神池は宅部池がモデルになっている可能性が高いと言えるわけです。

これらの共通点に加え、前回の記事でも書いたように『トトロ』の中でサンダルが見つかった神池が宅部池の水難事故を暗示するという事を踏まえて、『神池のモデルは宅部池である』というのが僕の考えです。

さて、ここまで書いておいて何なのですが、実はこの考察にはちょっとした問題点を含みます。

ほんのちょっとしたことかもしれませんが、書いていこうと思います。

次の記事に続きます。

『となりのトトロ』関連の他の記事も御覧になりたい方は以下もチェックしてみてください。
『スタジオジブリ となりのトトロのまとめ』



スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする