中央線グリーン車は工事大変!導入は中央特快大月行き以外いらない!

2020年に向けて、JR東中央線快速線と青梅線直通でグリーン車を導入しよう!という計画があります。

グリーン車とは普通の車両よりも座席が豪華仕様になっている車両で、乗車にはグリーン料金がかかります。

湘南新宿ラインなどの長距離列車にも導入されていますので、利用された方もいることでしょう。

それを中央線系統の電車にも導入するという話です。

それについて僕が思うことを書いていきますね。

スポンサーリンク

中央線・青梅線でのグリーン車導入

さて、中央快速線と青梅線直通と言いましたが、具体的には中央快速線【東京〜大月】、青梅線直通【東京〜青梅】となります。

上記の路線では全てE233系電車が使用されています。

出典元:楽天市場「カトー KATO (Nゲージ) 10-1311 E233系 中央線 (T編成) 6両基本セット

このE233系は現在10両編成で運行されていますが、そこにプラス2両グリーン車を増結させると言うことです。

2020年に向けての計画なので、東京オリンピックを意識してのことなのでしょうか。

長距離列車でない、比較的中距離の中央線・青梅線でグリーン車を導入するとのことに、僕はちょっとびっくりしたものです。

実現まで乗り越えねばならない壁

さて、このグリーン車導入計画ですが、一筋縄では行きません。

導入のためには、様々な手続きが必要です。

一番の問題点は、ホームの延長工事です。

15041219023801_tp_v

上にも書きましたが、E233系は10両編成です。

ですから、ホームの長さも10両分しかありません。

グリーン車導入するとプラス2両増えますから、ホームを2両分増やさないといけなくなるわけです。

特急列車が停車する新宿・立川・八王子以外はのホームは10両分しか対応していません。

中央快速線。青梅線合わせて駅数は30以上あります。

それら全部を工事するのは非常に骨の折れる作業です。

またホーム以外にも、信号設備の工事、グリーン券売り場の設置、またグリーン車のトイレ用に汚水処理施設も作る必要があるのです。

合計750億円ほどかかる見込みだそうです。

スポンサーリンク

中央快速線にグリーン車いる??

僕はただの鉄道好きです。

専門家ではありません。

なので僕の意見は正しくはないでしょうが、しかし僕の意見を正直に書いていこうと思います。

率直に思ったのが、なぜ中央線にグリーン車なのか?ということです。

現在グリーン車が導入されてるのは、湘南新宿ライン・上野東京ラインが直通する東海道線、横須賀線、高崎線、宇都宮線、常磐線と、あとは成田・君津・上総一ノ宮方面へ直通する総武快速線となっています。

これらの路線は直距離路線で、使用されてる車両は長距離用にセミクロスシートの座席もあり、トイレも設置されています。

ですが、中央快速線と青梅線ははっきりいって長距離とは言えません。

東京駅発の多くの電車は高尾行きですが、高雄までの距離は僅か53.1キロ、青梅までは56キロです。

はたして、こんな近距離でわざわざグリーン券を買ってまで乗車する人がいるかどうか疑問です。

いくらオリンピックとは言え、さすがに利用する人は少ないのではないかと言うのが僕の意見です。

通勤電車ではなく着席して帰宅できる乗客用に中央ライナーや青梅ライナーなどの電車もあるわけですから。

大月行きのみグリーン車導入したら?

まだ可能性があると思うのが大月行きです。

中央快速線は多くの列車が高尾止まりですが、少数ながら大月行きというのがあります。

大月行きは、高雄から先、中央本線に乗り入れ山を超え大月に向かうのですが、この列車こそグリーン車がぴったりではないかと僕は思う

のです。

ちなみに高尾から先の中央本線の動画があったので載せてみます。

いかにも旅を思わせる雰囲気です。

そして大月行き電車を全て【中央特快】のような特別快速のみにしてしまうのです。

特別快速はかなり駅を通過します。

特別快速が停まる駅だけ、グリーン車用のホーム延伸工事をすれば良いのです。

経費を削減できて良いと思います。

ここまでの僕の意見を簡単にまとめると、、、

1、比較的近距離の中央快速線にグリーン車を導入したところで乗車する人はいないのではないか?

2,もし導入するのであれば、中央本線直通の大月行きのみにすべきである。そのさい大月行きの種別は【特別快速】のみとし、ホーム延伸工事は特別快速停車駅のみにする。

、、、ということになります。

中央快速線の今後の動きに注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする